ストラテラ服用記録3:服用開始~1ヶ月の変化

服用開始後、3~4週目の変化です。

3週目

服用開始から2週間後、病院で増量するかどうかの相談を主治医と行い、現在眠気が出ていることから、増量せず、あと1ヶ月このまま様子をみることになる。
(朝10mg、夜10mg)

服用直後~1週間目まで見られたような目覚しい変化は、少し後退した印象。
例えて言うならば、ゼロから7くらいまで急激にレベルが上昇し、その後4~5あたりにまで戻って落ち着いた、という感じである。

具体的には、今まで何度も注意されずにはできなかったこと、

・プリント類をきれいな状態で持って帰る
・ゴミをゴミ箱に捨てる
・風呂場やトイレでボーっとしたまま長いこと動かないことをやめる
・脱いだ服を脱衣カゴに入れる
・寝る前に机の上を片付ける
・朝起きたらゴミ箱のゴミを空にする



などが、言われないでもやるか、一度言われればスッとできるようになっている。また、

・集中力が上がるのか、英語の長文読解はかなりのスピードですらすら訳が進む
・凡ミス、誤字脱字が減る
・字のバランスがまちまちだったのが、間隔・大きさともに揃ってきている
・言われたことに対し素直に耳を傾ける(イライラしない)



といったことも見られるようになった。

都立大塚病院の先生によれば、ストラテラを飲むことで、ほとんどの子が、字をきれいに書けるようになるそう。
字をきれいに書く、というのも、やはり脳内物質を整えてあげないことには、なかなか難しいのだなと改めて感じる。
(逆に、脳内物質がきちんと分泌されれば、いとも簡単に出来るようになるわけです)


ただ薬を飲むとすぐに眠気を催すようで、朝の分を服用すると午前中の授業は起きているのがつらいようである。

夜の分を夕食後に服用すると、その後眠くなり何もできなくなってしまうので、就寝直前に服用。
こうすることで1時間程度受験に向けた勉強を集中してやることができ、効率が良い。

4週目

クローゼットや机の引き出しなど、以前は見るたびに大惨事だったが、いつ見ても「それなりに」きれいになっていて驚く。
もちろん完璧ではないが、中2の、土日・祭日も休みなく毎日毎日部活でドロドロに疲れた男の子、という観点からみれば、相当ちゃんとしているほうだろうと思う。

一番驚いたのが、普段あまり使用していない小さな棚。

以前は、開けると、本人は一応カバン類を入れているのだと思われるが、左右全く揃っていない靴下やら、いつのかわからないくしゃくしゃのプリント類やら、下手をすると何週間前のかわからない洗濯物や飲み残しのペットボトルなどがわんさか出てきていたのが、久しぶりに開けてみると、きれいにカバン類だけが整理されて入っている!
「カバン類以外の意味不明なものが入っていない?!!!」
これにはすごく驚く。

ちょうど4週後=1ヶ月目

・・・たった一回、服用をやめただけで・・・

部活で、都大会出場を賭けた試合があり、行きがけに栄養ドリンクをコンビニで買って飲んだらしい。
帰宅後、頭が痛いと動けなくなる。

ストラテラは、血流を多くする作用があるため、頭痛が起こりやすいところに、興奮剤を飲んでしまったためと考えられる。
市販の頭痛薬では血管収縮作用がないため薬を服用しても効きにくいので、保冷剤を首下にあてて横になることくらいかできない。

本人の希望で、もしこれ以上頭が痛くなったら困るからとストラテラの夜の分の服用をやめる。
翌日、朝の分は服用するも、前日、試合で惜しくも負けてしまいそこで力尽きたのが原因なのか、ストラテラを服用しなかったことが原因なのか、
突然集中力が無くなり、部屋が惨事になる。

・机の上にグラス・カップが4つもたまる
・脱いだものが散乱
・クローゼットのハンガーにかけたはずの服がほとんど下に落ちて山積みに
・刃物、分解したペンなどが机の上に散乱
・今まで読めていた英単語が読めなくなる(baby=ベイビーをばびー?などと読む)
・選択肢問題で、自分ではイとわかっているのに答えにウと書いてしまう



といったようなストラテラ服用前の、疲れていたり気が乗らなかったりした時の状態が、あっという間に再現されていた。
ストラテラを服用することで自然にできるようになっていたので、たった1ヶ月前はこんな状態だったのだということをすっかり忘れてしまっていたことに改めて気付かされる。


たしかにストラテラを服用すると、予定量の半分でもそれなりに効果が出ていることが実感できました。

ただ、当然副作用もあるわけで、飲まないで済むならそれに越したことはなく、分子栄養学に基づいた食事・サプリメントで改善できないかトライ中です。
これについては、また追ってご報告しますね。