2018年度感謝の気持ちを込めて

忙しいという字は心を亡くすと書くが本当だな・・・そんな言葉を20代の頃勤めていた会社の部長がつぶやいていたことを思い出します。

日々たくさんの感謝のお気持ちを頂いていながら、果たしてどれだけそのお気持ちに応えられたのだろうか・・・とこうして改めて振り返ると、そんなことを思います。

桜も咲き始め、もう新しい年度になりますね。

我が家も長女まるさんが無事中学を卒業いたしました。

学校へ行けず、死にたいと真っ青な顔をして布団にこもっていた2年前を思い出すにつけ、卒業式で答辞を述べたり、卒業の歌の指揮をステージ上で行ったり、生徒会長!と皆から声をかけられながら花道を歩く姿に、こんなにも変われるものなのだなと感慨深く思います。

一方、沖縄で独り立ちを始めた長男トビさんは、運転免許を取得。


・・・それにしてもこんな環境で免許取れるなんて気持ちいいですよね。

がその直後、大腸炎で入院し、退院して2週間後になんと今度は慣れない車と土地で交通事故を起こしてしまい、買ったばかりの車(といっても中古車)を、雨上がりのカーブでガードレールにつっこみ廃車にしてしまいました。


インパクトが大きいので小さい写真にします・・・

自損事故だったので命は全く問題なかったのですが、その後意気消沈し、携帯まで無くして、1週間近く連絡が取れず、この時ばかりは私も吐きそうなくらい心配しました。
つい2日前に無事が確認できたばかりです。

実は、本当にうまくできているな・・・とつくづく感心するような”流れ”がありました。とても参考になると思います。これについては追って記事をUPいたしますので、ぜひお読みくださいね。

右肩上がりでずっといいことばかりの人生じゃないですし、人それぞれ外からは見えない、抱えているもの、というのはありますよね。

私小宮も、まだまだ本当に子どものこと、家庭のこと、仕事のこと、人間関係のこと…色々と日々あります。

吐きそうなくらい落ち込んだり、魂がどこかに行ってしまうほど呆然としたり、抱えていることが大きすぎて、苦しくて、このまま目が覚めなければいいな…なんて思うこともあります。

ですが、どんな時にも「これのどこに光を当てようかな?」そんな気持ちで立ち上がり、頑張っております。

いつもご相談下さった方やそのお子さんのことは心の片隅にあり、どうしていらっしゃるかなと思っていますが、心配するとそちらに走ってしまうこともよくわかっているので、きっと大丈夫!と信じています。

しかしながら、こうしていただいたお声をまとめてみますと、たくさんの方のお気持ちと触れ合わせていただき、感謝の気持ちでいっぱいになるのと同時に、その後どうされていらっしゃるかなと改めて思います。

良かったら近況などまたお知らせくださったら嬉しく思います!

様々な想いが込み上げてくる中、改めて襟を正しました。
来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

感謝のお声をまとめ直しました▽▽▽ 勇気が出る方もいると思いますのでよかったら読んでみて下さいね♡



発達障害にも強い!子どもの発達コンサルティング:実績4500件以上のTOPページへ戻る