妊娠中の生活と発達障害の関係 最新改訂版

遺伝子発現のON/OFFを決めるエピジェネティクス

発達障害は、これまでの研究では遺伝的にほぼ決定された障害であり、養育要因の関与はほとんどないと考えれてきましたが、最近の研究では、遺伝子の働きが環境要因によって左右される可能性が示されるようになってきました。

エピジェネティクスをご存知ですか?

ips細胞の研究と非常に関連が深いもので、これを理解するには化学的なDNA転写のしくみを理解していないと難しく、ここではとても語りきれないのですが、簡単にいってしまえば、DNA=遺伝情報そのものは人体のどの細胞にもどの年齢でも同じように存在しているが、そのDNAの情報をオンにするかオフにするかを決めている物質がある、ということです。

DNAもこのDNAの情報をオン・オフする物質も、タンパク質でできています。
このタンパク質が細胞内において、C(炭素)、N(窒素)、O(酸素)、H(水素)、P(リン)などといった原子単位・分子単位でどのように分解合成され、遺伝情報をコピーし、それが人の心や体、言動に変化を与えるかを研究している学問がエピジェネティクスです。

いかに人体が摂取するたんぱく質を十分な量、分解合成することが大切なのか、こうしたことからもよくわかります。
以前考えられていた下記要因も、結局のところそうした環境要因によってこのエピジェネティクスのしくみが変化するからということだといえると思います。

尚、出産前に親が受けたストレスによって、こうしたエピジェネティクス的修飾を受けた場合、その遺伝子が子に遺伝する可能性もわかってきています

逆に、そうであっても出産後、愛情深く育てることによりこうした遺伝子の修飾を受けにくくなっていることもまたわかってきています。


参考文献
親の受けたストレスは、DNA配列の変化を伴わずに子供に遺伝(理化学研究所)

母親の深い愛情を受けて育った子供はエピジェネティクスによってストレスに強くなる(Nature)

思春期のストレスは神経エピジェネティクス機構の障害を引き起こし、成体の行動パターン・神経系を障害する (名古屋大学)


おすすめ図書


子どもの能力を左右する重要なファクター

妊娠中(もっというと妊娠前から)の食事や暮らし方が非常に大きく産後の子供の能力を左右することもわかってきています。

特に、生体膜(細胞膜および細胞内小器官に用いられている膜全てを指す)の質を決定づける「脂質」は非常に重要で、妊娠中に摂取した脂質の内容によっては深刻な脳発達障害を引き起こすというマウスの実験データもあります。
(脂質改善ジュニアインストラクター養成講座でお渡しするテキストに掲載しています。)

その他、
・妊娠中に口にした、小麦製品に含まれるグルテン、乳製品に含まれるカゼインの影響
   発達障害と小麦・乳製品の関係
・その他の食品添加物
・偏った食事から来る低ミネラル・低ビタミン状態
 (コンビニ弁当・ファストフードなどは要注意 トランス脂肪酸の問題は言うまでもありません)
・電磁波、住環境、ストレス
・化学薬品

など、様々な影響が示唆されています。
胎盤を経由して胎児に本来行くはずの栄養が行き届かず、逆に行ってほしくない毒素が通過してしまうといったことが避けられない時代背景になってしまっていることが、発達障害児が非常に増えていることの大きい一因であることは誰しも疑いのないことではないでしょうか。

ちなみに毒素が胎盤を通過するということについては、すでに1985年、妊産婦における水銀の経胎盤移行に関する研究として論文が出ています。
妊産婦における水銀の経胎盤移行に関する研究


これらのことから妊娠中は、

  • 喫煙はやめる
  • つわりがひどくても、野菜ジュースやサプリメント、ミネラル・酵素ドリンクなど、可能な限り腸に負担をかけずに摂取できる栄養を入れる
  • オメガ3やレシチンといった生体膜に必要な良質な脂質を摂取する
  • 極度なストレスがかかるようなことはとにかくシャットアウトする
  • 小麦・牛乳を含む食品は避ける
  • 水銀を含む大きな魚(マグロなど)は避け、なるべく小魚を多く摂る
  • シャンプー、ボディソープ、洗剤、化粧品といったものを極力石鹸や無添加の製品に変える
  • 電磁波の影響を可能な限り避ける。特に枕元に携帯を置いたままはNG
  • 感情が乱されない環境を作る

ことを心がけるといいと思います。

喫煙は発達障害児を産むと言っても過言ではありません。簡単にいってしまうと血流が悪くなるので脳を含め栄養が回らないということですね。
栄養が足りないと胎児の脳形成に影響が出ます。つわりが酷くてもサプリメントや、舌下・腸から吸収しやすい液体状のミネラルドリンクなどを摂取することをおすすめします。
脂質はクリルオイル、亜麻仁油が特におすすめです。ただし酸化しやすいため摂取方法には知識が必要です(詳細は講座にて)。
小麦の代わりには大豆や米粉使った製品を、牛乳の代わりには豆乳を使った製品を摂るようにして下さい。ただし大豆アレルギーを持っている人は要注意です。
タンパク質の摂取というのは非常に大事であり、それゆえにまた人体にとって摂取方法が実は難しいものでもあります。
尚、せっかくこうしたことに気を付けていても、ストレスは大量にビタミンなどを消費し、細胞を壊してしまいます。合わせて注意することがとても大切なのです。
要するに

胎児がへその緒を通して摂取するものに毒を入れない
胎児が受ける外部からの電磁波(言葉や場の雰囲気なども含む)に気を付ける

ということですね。


ちなみにシャンプーやボディソープを石鹸に変えることがいい理由は、どちらも厳密にいえば合成化学界面活性剤なのですが、石鹸は人間の肌に触れるとすぐに海面活性性を失うという性質があり、刺激が石油由来のものに比べて優しいから、というのが理由です。
洗い流すのにぬるぬるしているもの、というのはそれだけ海面活性性が高いので、肌にとどまる時間も長いということです。
(これら知識は、会社員時代に携わった無添加化粧品・無添加石鹸の開発経験によります。)

経皮毒のことも最近話題になっていますが、根拠となる大元のデータが少ないため、私は今のところこれについては表立ってお伝えはしていません。しかしながらこれだけ身のまわりに合成界面活性剤や、毒性の強い消毒剤、洗剤類があるわけで、吸い込んだだけで具合が悪くなるようなものも実際にありますから、避けた方が良いのは言うまでもありません。




そして何より出産まで、心身ともにおだやかにおだやかに、大事に過ごすことを考えて下さいね。
子供が生まれるから、と、これをきっかけに色々と人間関係を見直したい気持ちも芽生えるかもしれません。
ですが、生まれて一段落してからでも決して遅くありません。


気持ちが極度に興奮したり、うつ状態になったりすると、様々なストレス反応によってホルモンが過剰分泌されたりします。
もちろんこうした刺激がエピジェネティクス的修飾に変化をもたらすこともあります。
DNAの一部分にふせんのような役割をする分子=CH3がたくさんつくと、正しくコピーされなくなります。それは子供にも遺伝することがわかっています。


結果、胎児の脳に直接害を与えてしまう上に、それだけで突然破水してしまったりして、早産になってしまうこともあります。


発達障害の子が生まれるのではないか?と疑念を抱く背景には、おそらく夫あるいは両親、もしくは自分にその傾向があるからといった場合も多いと思います。
だからこそ、意思疎通がうまくいかずに、ケンカになったり、不愉快な思いをすることも多く、日常が思うようにならずに、ストレスを多くかかえてしまいがちです。


とにかく妊娠中は、ご主人との関係、ご両親との関係、仕事・友人関係、色々ありますが、もしうまくいってない場合、しばらく距離を置くなどしてでも、おなかの中のお子さんと、そのお子さんが生まれてからの未来を守ってあげてくださいね。
こうしたご相談にも応じています。お気軽にメールや対面カウンセリングをお申込み下さいね。


もしマタニティブルーになってしまった場合、それはホルモンバランスの影響のなせることであって、決して性格やあなた自身の問題ではありません

なんかおかしい、自分らしくない、うれしくない、幸せじゃない・・・そんな気持ちが続くようでしたら、それは脳内物質のバランスが崩れている証拠です。
 
妊娠に伴い、急激にHCGという女性ホルモンが増加、エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンも増加するので、人によっては細かいことがどうでもよくなり、いつもバラの花がまわりに散っているような、おめでたい気持ちに包まれる人もいますが(エストロゲンの作用。エストロゲンにはセロトニンを増加させる働きがあります)、完全にうつ状態になってしまう人もいます(黄体ホルモンがセロトニンに関与して、セロトニンを減少させてしまうからということがわかっています)。
 
要するに妊娠によって脳内のホルモンバランスが崩れた結果であって、単純に妊娠したからうれしい、妊娠した、どうしよう・・・といったようなことが理由ではないということ。
こんな時、薬に頼らずとも食事やサプリメントでかなり良い状態に持っていくこともできますので、自分を責めず、脳内物質のバランスを整えよう、と気持ちを冷静に切り替えてくださいね。
 


腸内細菌が肉体も精神も操っている?

マウスを使った実験では、腸内が無菌状態のマウスと、一式細菌を腸内に抱えているマウス両方に同じストレスを与えた場合、無菌状態のマウスの方が2倍ストレスホルモンを出す=ストレスに過剰に反応してしまう
という結果が得らています。

さらに、この無菌マウスに、ビフィドバクテリウム・インファンティスというたった1種類の菌を入植させるだけで通常のマウスと同レベルにまでストレス耐性が落ち着いたということでした。

要するにたった1種類の菌でさえ、人間の心と体を左右する可能性がわかってきたということです。

胎内にいる時の胎児の腸内は無菌状態なので、生後どのように腸内細菌バランスを作り上げていくか、がとても大切だといういことがわかります。


九州大学大学院医学研究院心身医学 須藤 信行教授らによる2004年の研究から

おすすめ図書


改訂前の記事ではこちらを掲載しておりました。ご参考までに。

以前は、無視できない原因として浮かび上がってきているのが、親の年齢の上昇と低体重児の増加だと考えられていました。

特に自閉症スペクトラムでは、父親の年齢も関係してくるといわれています。
親の年齢が35~39歳では、35歳未満に比べ、リスクが21%も上昇40歳以上ではなんと65%も上昇するそうです。


また自閉症スペクトラムにおいては、2000g未満で生まれた子の、21歳時点での有病率は5%という結果が出ています。

ADHDについては、妊娠中の喫煙・母親のうつ、早産や低体重児が関係しているとされ、2500g未満の低体重児ではリスクが1.5倍に、1500g以下では2.1倍にもなるという結果がでています。


代わりに説明しますと、喫煙やうつなどにより、代謝が滞ることで本来の胎児に行くべき材料が満足にいかないということですね。
 
逆に、遺伝が疑われる場合でも(両親または祖父母に発達障害の傾向を持った人がいる場合)、必ずしも100%遺伝するわけではなく、一卵性双生児で行った実験では、同じ自閉の遺伝を持っていても障害を発症する方としない方にわかれる、といったことも起こっており、その傾向が出現するスイッチが入るかどうかは、ストレスや生活環境も大きく関わっているとのことでした。
(参考文献:発達障害と呼ばないで 岡田尊司)
 

発達障害と呼ばないで (幻冬舎新書)



#発達障害
#妊娠
#出産
#発達障害児