グルテン・乳製品・トランス脂肪酸と心身変化の実体験リポート3~中毒から抜け出すには~

グルテン・乳製品・トランス脂肪酸と心身変化の実体験リポート
グルテン・乳製品・トランス脂肪酸と心身変化の実体験リポート2~中毒症状~
という記事を前回書きました。で、その後どうなったの?というお話の最終話です。長編です。

前回の記事で、これはまずい、何とかしなくてはと切実に思ったまではいいのですが、多分今まで読んで下さっている方なら、おそらく

「ここはミネラルファスティングだろう」

と思いますよね。当然です。←だってそれを伝えてるんだし・・・

でもね、一番の”闇”はここからなんです。

KEI
やれば絶対にすぐに体重が落ちるのはわかっているのに、やる気にならん。
最悪です・・・。


こういう時、だいたい人間は、自力ではなくて他力本願になりがちで、私も
KEI
とりあえず、じゃあエステにでも行ってみるか。




ふむふむ・・・リンパドレナージュ、エンダモロジー、ハイパーナイフ、タイ古式マッサージ、インディバ・・・?

KEI
なまじ激戦区の銀座にいるだけに、ありすぎてわからん!

途中から調べるのがイヤになり、ふと飛び込んできた広告に釣られて、無料漫画読み放題のサイトにふらふらと・・・

KEI
お、わーっ!なんじゃこの数!

コミックシーモア、めちゃコミ、ブッコミ、スキマ・・・
おもしろすぎる。←もともとマンガ好き

そうだ、もう一回昔読んだ「君に届け」と「バリバリ伝説」を読み直そう♪

・・・でもって、きみとど(君に届け)を読み返し、感動して涙が止まらず。←完全におかしくなってる

KEI
・・・ちょっと待てよ、登場人物、もう我が家の長男トビさんより年下じゃん・・・(急に冷静になる)


そんなこんなをしている間に、夜も明けて、またデニーズへふらふらと。

ワインとちょっとしたおつまみでも・・・気分転換に♪

・・・のはずが、また無駄にエビフライとか頼んでしまうのです。←もう救われない

KEI
だめだ、コレはもう完全にイカれてる・・・(遠い目)

そんなある日、たまたま隣に座った80歳近いと思われるご婦人が、やたら話しかけてきました。
最初は(ごめんなさい・・・)という態度を示していたのですが ← 基本的に人見知り


50年も旦那と連れ添っているのに、どうして一人で食べに来なきゃならないのかしらね。うちの人、やっとこの前、金婚式で一泊で温泉旅行に二人で出かけたのに、自分だけご飯食べ終わったら、私はまだ入浴も食事も終わってないのに、もう帰ろうって、一人で帰っちゃったのよ・・・

と、お札を何枚も手に持ち、数えているのです。
(どうやら聞くところによると、3人いる成人した子供たちからのお祝いのお金らしい)

うっかり話に乗ってしまって、ついつい30分以上・・・。


仕事に戻る必要があったので、切り上げて席を立ったのですが、

KEI
切なすぎる・・・幸せだったなぁと思える人生の最後にしたい・・・これはもうデニーズに来るなというサインなのか?


・・・とりあえずもうデニーズに行くのはやめよう・・・。


うーん。とにかく簡単にできそうなことからやってみよう。
そういえば山田先生がかつて出演されたTVで、運動も食事制限もせず体重が落ちる方法として、
マグネシウムを摂取すると良いのです。
とマグネシウム摂取を推奨、実際に痩せた例があったな(山田先生の講義内で拝聴しました)。どれどれ。


 
おかしくなる前は定期的に飲んでいたのですが、面倒になってからはサプリメントも飲んだり飲まなかったりと適当になりがちだったので、改めてマグネシウムをしっかり朝昼晩1粒ずつ。

元気なころは、全く気にならなかった(というよりも、むしろどうしてこのネーミングにしたんだろうな?くらいにしか思わなかった)

「カラダがヨロコブ」

がつきささります。

KEI
お願いだから私のカラダ、ヨロコんで・・・(涙)
マグネシウム不足は、血管収縮をもたらします。また私たちの体のエネルギーのもとであるATP(アデノシン三リン酸)を伴う代謝の利用にも不可欠なため、簡単にいってしまうと、体がうまく代謝しなくなるのです。要するに太りやすくなったり冷えやすくなったりするということですね。


ちなみに種々の神経伝達物質の合成にもマグネシウムが必要で、欠乏すると、神経質になったり(たとえば騒音に対して敏感になる)、うつ、不安、不眠などを招きます。発達障害や循環器疾患などとも関連が深く、とにかくとても大事なミネラルで、これが不足すると様々な心身の不調を招きます。


杏林予防医学アカデミーの認定講師受験の際に、アカデミー中・上級講座で学んだことを凝縮してまとめたノート…改めて勉強し直し。

▼▼▼



このあたりのこともマイナス1歳からのヘルスプロジェクトコースでやっています。

それから、とりあえずデニーズはやめて、納豆と豆腐とネギを買ってきました。

食欲がまだおさまらないので、一度に納豆3パックと豆腐1丁とネギ1本全部を食べてしまいます。

でもここで、

KEI
えらい。うん。とりあえずデニーズでハンバーグやステーキではなく食事を変えたことはえらい。

と声を出して自分をほめてみました。
そうすると不思議と、あ、えらいじゃん、もうちょっと頑張れるかもという気になってくるから不思議です。←実はこれ、とても重要なこと

でもって、困った時の神頼み。
ニューサイエンス社から出ているファスティングビンテージ。

まずはちょっとコレ飲んで、食事をせめて午前中は控えることにしてみました。

ちなみになんでも一通り体験してみないと皆様におすすめできないので、酵素ドリンクなるものは通販で口コミの評価が高いものから数種類飲み比べてみましたが、今のところ、やはりコレが一番だと私は感じています。
甘すぎないので胃が痛くなることもなく、味もプルーンジュースのようで飲みやすい。もちろん水で薄めて飲みますが。
長女まるさん(高1)も、色々注文がうるさいのですが、これは大丈夫といって飲んでいます。


このドリンクは、ミネラルと酵素がたっぷり入っているのですが、さすがミネラルが豊富なだけあって、飲むとまず精神的に落ち着きます
そして、空腹感が満たされます。代謝が促進される実感もあります。

たまたまその日は予定が重なり、夜まで食事を摂る時間が取れなかったこともあり、体重が500gほど減少。

翌日、お肌の皮も剥けてきています。無駄に消化に回っていたエネルギーが代謝にまわっている証拠です。
実際はもう少しはっきり見て取れるのですが・・・




500g減りお肌も生まれ変わってくる様子がみえると結構なモチベーションになり、もうちょっと頑張ってみようという気持ちになります。

でも、同時に、こんな簡単に落ちるんだったら、また食べてもいいか♪ という気持ちもわいてきて・・・

1kg近く減量 → お腹いっぱいになるまで食べてしまう → 翌日1日食事を抜く

を無駄に繰り返すこと数回。

そんな中、長男トビさんが沖縄で風邪と栄養失調により倒れ、またもやてんやわんやの事態が起こり、ストレスからデニーズへ・・・

で振り出しに戻る・・・

結局、44kgジャストの体重から46kgまで行ったり来たりを、激しく1日単位で乱高下。

普段、食生活に気を付けていた時は、苦も無くできた3日間のファスティングが、今回は何度チャレンジしても2日目の夜でギブアップ。

いい加減、これすらイヤになってきて、そうだどうせ食べるならヘンプシードにしよう、と2日目の夜にヘンプシードをスプーンで3杯ほど食べてみました。

結構腹持ちが良くてこれだけで満足。

すると翌朝、スルッと体重が43kg台(ベスト体重)に。

おぉ~、やはりヘンプシードに含まれているミネラルやアミノ酸のデトックス効果・代謝促進効果はすばらしい!(もちろんn-3系の脂質も)ということをつくづく実感。

体重が予定ラインまで減るとテンションも上がってきて、筋トレを再開してみたり。
(私がやっているのはとても簡単で合理的な、プランクという筋トレです。動画、色々出ています。)

お肌も何度か剥け、いい感じにつるつるになってきました。


今回の教訓1
中毒症状から抜け出す際に、一番大変なのはゼロから1へアクションを起こすきっかけ。まだあきらめたくない・幸せに死にたい、ということを感じるような”何か”は、その原動力として大きい。
今回の教訓2
やはり山田式ミネラルファスティングは絶大な効果あり。マグネシウム・ヘンププロテインもとても重要。


Before Afterがこちらです。見たくねーと思った方、本当にすみません。


講座ご受講の方、ご相談下さったことのある方へは、上記でご紹介したサプリメントなどをカウンセリング製品として、クローズド価格にてご提供できます。ご興味ある方はご一報ください。
ここまでくると一人でやり遂げるのは大変なんだということをつくづく実感しました。一緒にやりたい・定期的にモチベーションを保ちたいという方向けに、低価格での定額コンサルティングコースを今月(2019年6月)中旬から設けます。告知まで少しお待ちくださいね♪


発達障害にも強い!子どもの発達コンサルティング:実績4500件以上のTOPページへ戻る