24時間戦いますか?~発達障害克服までの長男育児の記録~

たびたび登場している長男(仮名:トビ 15歳 中3)ですが、一体どんな子で、発達障害(ADHD&一部自閉症スペクトラム)と診断された症状の程度がどんなものだったのか、一度も書いてこなかったと思います。

 
おかげさまで都立高校に合格(サクラサク・・・)させていただきましたが、地頭がいいからじゃないか、とか、たいして発達障害の程度がひどくないんじゃないか、と思われていらっしゃる方もいると思います。


私にお伝えできることは、「希望」と、成果を勝ち取るための「方法」だと思っているので、長男自体についてはあまりご興味ないかもしれませんが、どの程度の子が、どこまで伸びるのか、について改めて書かせていただきたいと思います。


アレルギー症状について記載していますが、発達障害といわれる症状が出ている人は腸が荒れているケースが大変多く、とりわけお子さんの場合は様々なアレルギーが出ることが多いです。

アレルギーだから発達障害、というわけではありませんが、発達障害の症状が出ている人は、アレルギーを持っていることが多いようです。


【1.妊娠中~出産時】

いくつか特徴的なことがあったのですが、妊娠中の方もブログを読んで下さっており、不安になられてはいけないので、省略させていただきます。

 

【2.生後0ヶ月~6ヶ月】

・ミルクを飲む力が弱く、たった20ccのミルクを飲むのに30分以上かかった

・せっかく飲んだミルクを、毎回のようにピューっと吐く
 (幽門狭窄を疑いましたが、それは問題ありませんでした)

・抱っこをしても全身であばれまわり、おとなしく抱かれていることがない

・肌が弱くエアコンの設定温度が2度狂うだけで全身に湿疹

・抱くと親の服の生地によって、接触したところが赤くはれ上がる

空調と肌に触れるものにはとにかく気を使いました。
   「大判のガーゼを大量に用意し、抱くたびに新しいガーゼを服と赤ちゃんの頬との間にはさむ」
   というやり方を思いついてからは、大分楽になりました。

・2ヶ月の頃から、ミルクをあげようとすると、えびぞりになって体を硬直させ、激しく泣く
 
様々な格好をためしましたがダメでした。これは生後6ヶ月くらいまで続くので、どこにも連れて出ることができず、本当に困りました。

・汗がひどいあせもになってしまうので、1日3回沐浴が必要


【生後7ヶ月~1歳】


・唾液を飲み込むのが下手でスタイが15分でびしょぬれ
(もう1日中スタイを交換していた記憶しかありません)


・とにかく風邪だったり花粉症だったり、胃腸炎にかかったりと、病気がたえなかった
 (2週間ごとに病気になる→1週間具合悪くグズグズ→ママに感染しママ1週間ダウン の病気スパイラル)


・・・中でも「ロタウィルス」というのに感染した時は悲惨でした。
   吐きっぱなし、下痢しっぱなしで、1日で72枚のおむつがなくなりました。


  吐く→着替え→寝かせる→下痢をする→風呂で洗う→服を着せる→吐く


  のエンドレスの拷問スパイラル。
これが1週間、不眠不休で続きました(もちろんトビは脱水症状にて連日点滴をうけることに)。


頭の中は、「24時間戦えますか?」のリゲインのテーマ曲がえんえんこだましていました。



【1歳~4歳】


・「だめ、止まれ」が一切聞けない、ブレーキを外された暴走車

・おむつを替える時でさえあばれまくり、走り回り、一瞬たりともじっとしていない
 (おむつ替えの都度20分以上の格闘…)

・着替え、歯磨き、お風呂、食事、いちいち走り回り止まらない

・毎度、玄関でくつを履かせる作業だけに30分以上(途中で脱走するため)

・買い物時、会計の際一瞬手を離しただけで、店の外へ脱走(ベビーカーからも脱走)

・3歳で側転を覚えてからは、一日中ぐるぐる外でも側転しまくり

・遊びに行ったお友達の家の押し入れに勝手におしっこしてしまう

破壊行動が好きでかたっぱしからあらゆる物を壊してまわる
 (日用品はもちろん、親や友達がせっかく作ったブロックや積木、粘土工作、プラレール、女の子のお人形等々。当然友達から遊んでもらえなくなる)

・買い物に行くとよその人のカートに「頭から」乗り込んでしまう

・店に陳列してあるものをかたっぱしから取って投げる
 (拾っている矢先に次の物を投げて走り去る)

・公園に連れて行っても5分で公園から脱走

・とにかく寝ない

・アレルギー症状がひどく、蚊にさされただけでこぶし大に腫れあがる
 (そのため虫刺され対策がまた大変)

・動物アレルギーも発症、ある日ネコを撫でたら顔がアンパンマン並に腫れる


最も困ったのが病院でした。買い物はなんとかなっても、病院はトビ本人がいないと話になりません。
じっと座って待っていられず、他の人の診察中に診察室へ入り、先生の机の引き出しから聴診器なんかをかたっぱしから出して投げ、出入り禁止に。


【幼稚園】


・お遊戯や運動会などに参加せず、一人だけ離れたところで仮面ライダーに変身したり側転したり

・遠足でも脱走

・女の子の髪を切る

・クラスから脱走しすぎて担任が放棄、別のクラスに預けられた

・自分ルールを作るので、お友達から遊んでもらえず

・5歳まで毎晩夜泣き

・毎年頭のどこかを縫うケガ

・あいかわらず買い物先でも走り回り脱走しまくり

 
正直、この頃が育児疲れのピークで、ほとんど記憶がありません・・・。
ただ、別で書いていますが、めばえ教室に通わせ始めてから、衝動性はかなり抑えられるようになりました


【小学1~4年】


・毎日、登校途中に一人脱走するので、近所の子たちから毎日、苦情が寄せられる

・毎日、下校途中に何かを落としたり、本人がいなくなる

・通知表ですら水溜りに落としてきて、文字が全く判読できない状態に

テストの出題を自分で勝手に書き換えてしまう

・テストの途中から、全く問題の主旨とは異なる回答を書く(おそらくいやになったんだと思う。。。)

・プリント類は一切持ち帰らず、保護者会のたびにみるトビの机の引き出しは 四次元ポケット状態
 (出る出る、どうしてこれほどの量が?というプリント類が)

・漢字を「記号」としか認識できず、へん・つくりなどがバラバラ

・ひらがなの「く」「ん」「と」などがどうしても書けない(変な角度にまがってしまったり)

・「6と9」「0と6」などの見分け、書き分けができない

・なわとびがとべない(同じ位置に着地できない)


【小学5,6年】


・悪知恵を覚え、たびたびお金の問題を起こすように

・家を火事にしてしまう
 (台所に炎の火柱。マンションの同じフロア全体が煙で包まれる大惨事)

・1日トイレに5時間こもる日々

・忘れ物がなくならない(連絡帳そのものを忘れる)

部屋や机、かばんの中がいつも意味不明なものとゴミで散乱

・公共物を何度か毀損

・授業中も何か興味があるものを見つけるとフラフラ脱走

・他人の家の庭に勝手に入ってものを取る

・花見などの出店をやっている「テキ屋」のおじさんたちと知らない間に毎年仲良しになる

・毎日、ぞうきんのように服や靴下がまっ黒どろどろ

・定規を使ってもまっすぐな線がひけない

・文字が読めない:何十にも重なって見えていた読字障害


【中学生】


・英語の「bとd」「hとn」の見分けがつかない

・英語のルール(大文字から始める、ピリオドを打つ、三人称単数現形や時制など)がわからない

・数学の分数、小数の計算が果てしなく苦手

・多項式やルート計算のルールがわからない(3xy+5xy+2x=8xy+2x とか)

・因数分解と展開の違いがわからない

・社会歴史の年代や文化に全く興味がない

・理科化学式とイオン式がわからない

・技術家庭科、保健体育、図工、美術などの授業は手抜きしまくり、成績は常に2

・主要5教科は、提出物を出さず寝ているため、成績はほぼ2、よくて3(5段階評価です・・・)

・いい時でも週1日は遅刻か欠席



とまあ、ざっとあげただけでもこんな感じです。
それでも、やり方によってなんとかなります。希望を持ってくださいね。

その後の長男トビさんは、食事改善・サプリメント補給をすることを始めて半年後、まずは部屋をきれいにすること、字をきれいに書くことができるようになりました。
そこから、もちろん右肩上がりではなく、紆余曲折はあれど最終的に高校受験に合格し、高校入学後は自炊するようになり、アルバイトなどお金を稼げることについては早朝5時頃から自力で起きて支度をし、出かけるようになりました。現在もうすぐ19歳になりますが、しっかり働いております。


自分のモチベーションが上がらないこと、意味を見いだせないもの・・・たとえば学校に毎日遅刻せず行くこと、というような類のことに対しては、どんな目に遭おうとやりません。
その代わり、その逆のことについては、驚くほどの集中力、持続力を発揮します。
それが「才能」なのだと親が割り切ることで、ぐんぐん伸びていきます。要するに、もう私たち親の世代の当たり前だった枠やシステムが通用しない人種、というように考え方を変えていく柔軟さ、というのが一つの大きいキーワードだと強く感じています。トビさんのその後については、こちらのカテゴリー「私の家族のこと」をご参照ください。
簡単に幼少期から受験対策としてやってきたこととして、こちらの記事最下部にざっくり記載しています。
ぜひご参考になさってみてください。
発達障害という才能~将来、中学・高校受験を考えている方へ~
併せてこちらの記事もお読みいただけると育児中の母親の環境が少しわかると思いますのでご参考までに。

Q.ダウンした時、誰がお子さんの面倒を? A.ハイ死にかけながらも私です



#発達障害児育児
#小宮けい
#ADHD
#発達障害 受験



発達障害にも強い!子どもの発達コンサルティング:実績4500件以上のTOPページへ戻る