かつてご相談下さっていたママたちの育児アドバイスが圧倒的!

かつてご相談下さっていたママたちが応援団として活躍

2年前までは、どん底の悩みの中にいた、かつてご相談下さっていたママたちが、実際にお子さんやご家庭の問題が改善され、今度は自分が救う側になりたい、私小宮の役に立ちたいと昨年1年間、みっちり勉強して下さり、大変頼もしい応援団になってくれました(涙)。

なんといっても「我が家の場合は・・・」といった、実際の経験談から来るアドバイスはとても重みがあります。

6月から、数名の方に、発達デザインコンサルタントたちによるメール回答、というスタイルをご提案し、チャレンジしてみましたが、予想を超えてコンサルタントたちのスキルが高く、この総合力は圧倒的で、何より私が感動で胸が一杯になっています。

KEI
なんか、地球防衛軍みたい・・・♡

夫や義両親の無理解・大変手のかかる育児にたった一人で苦しんでいた

ご相談の一部をご紹介します(協力できるならと喜んでOKして下さいました);

(子どもの)聴覚過敏で掃除機の音が聞こえたときの情緒不安定さがひどい。ご近所さんがかけているのさえ、ちょっと文句言ってくる!と飛び出そうとする。
家電モノの音が昔から苦手なのか、小さい頃はこちらがノイローゼになるほど全て消されました(家事が進まず…炊飯中のご飯のスイッチを何度も切られ、二人で何度泣いたことか)。
そんなこともあり、一人でお留守番をまださせた事が無い。
収入が低く、私もさらに稼がなくてはならないが、その足かせとなっている。
主人は、とにかく私の対応が悪いと思っているが、協力するわけでもなく、具体策を考えるわけでもなく、俺は俺、という態度。
何かで相談しても、私を批判するだけして自分が身体、時間、労力を使う事はしない。
特に食事時は一緒に食べると息子をしかり続けるため、私も息子も本当は嫌。そのくせ自分のマナーや生活態度はまるでなってない。
息子のことは可愛いので、唯一やってくれるのは一緒に遊んでくれる事。それは助かっている。
同居の祖父が認知症で、最近大きい怒声を時々張り上げるようになり、耳を塞ぐことがある。
祖母は口が悪く息子にもネガティブなことを言うが、息子自身はあまり気にしていない。
同居していても、昔からあまり積極的に可愛がってくれるという2人ではなかった(息子が下に行っても、お宅は2階ですから早く帰ってください、といつも言われていた)。
~祖母が心配して上がってきたと思いきや、息子をなだめるでもなく、私に「何をやってるの、もっとうまくやらなきゃ駄目だ」「近所迷惑だ」と言い放ち降りていきました。同じようなことはもう数え切れないほど。~
今は祖父祖母がケアが必要な立場で、また、息子も友達と遊ぶ時間が増えたため、あまり関わる場面が少ない。

【先に、下記アドバイスに対していただいたご感想を掲載します】


小宮さま、早々の返信をありがとうございました。
皆様の回答を読んで、こんなにも思ってくれる方が居るんだ、と胸が熱くなりました


昨日あたりから、少し待てば自発的に動ける息子の姿が垣間見えるように!ほんの少しの変化ですが(^^)
今朝は出発まで5分残して支度が完了!ホメまくりました(*^^*)


ご相談のメールを書いていたときはとても辛い心境でしたが、皆様からのアドバイスをいただき、しかもその内容量の多さ、ただの気休めではない根拠ある内容に、私には本当に心強い味方がたくさん居るんだと、急に自分が強くなったような、大丈夫、私はやれるぞと、心も軽くなったような、そんな感覚に陥ってます(*^^*)
すごい変化に驚きです。



一部閲覧制限をかけています(××××表記、または削除)。
【いとうみお】
初めまして、コンサルタントのいとうみおと申します。
S様、お一人で本当によくがんばっていらっしゃいますね! どうぞ毎日声に出して、ご自分でご自分のことを思い切りほめて差し上げてください。気持ちが上向く効果絶大です。
まず待ったなしで取り組むべき課題は、なんといっても食事改善だと思われます。
逆にこれさえうまくいけば、ご子息様のほかのお困り事も改善していく可能性が高いです。「何をするにも時間がかかる」「忘れ物がひどい」「聴覚過敏」これらはすべて脳と体に必要な栄養素が不足していることで起こっている症状といえるからです。また、ご子息様の変化を目の当たりにすることで、ご主人様も徐々に協力的になってくださる可能性があります。
具体的な方策として、次の3点をご提案させていただきます。


1. 家ではもちろん給食でも、小麦・乳製品・砂糖の摂取をやめる
ご子息様は既に中毒のような状態になっていらっしゃり、しばらくは大変だと思いますが、ぜひがんばっていただきたいです。
給食の小麦・乳製品はやめられそうでしょうか?
徐々に改善していく、というやり方ももちろんありだと思いますが、私はご子息様の現状を考えますと、すっぱり断ったほうがよいのではないかと思っております。
私の息子の例ですが、小5の時クリニックで毛髪検査についての詳細を聞いてから完全に食事を変え、半年くらいで生活面・学習面ともに非常によい状態になりました。
体型もスリムになり、元々背が高かったこともあり、クラスでの立ち位置も変わりました。

学校から必要な書類をもらい、クリニックにお願いしてアレルギーの診断書をいただきましょう。


2.ご子息様になぜ食事改善が必要か説明する
納得がいかないことはがんばれないものです。今、体の中でどんなことが起こっているか、がんばるとどんないいことがあるのか、わかりやすくお話しして差し上げてください(どのようにお話ししたらいいかわからない場合はご相談ください)。


3.発芽玄米・××××・××××を優先
お勧めの食材・サプリをすべて摂取できれば理想的ですが、どうしても難しい場合は、発芽玄米と××××・××××だけは欠かさないようになさってください。
とはいえ、食事改善の効果が出るまでの間、ほかのお困り事も放置しておけないと思いますので、次のようになさってはいかがでしょうか?


1.時間がかかってイライラ→完璧を目指さない
「今日は時間がないから○○は省略!」そんな日があってもいいと思います。
なんでもきちんとするよりも、お母様とご子息様が笑顔で過ごせることを優先してみてください。
それでもイライラするのは当たり前、ご自身を責めないようになさってくださいね。
→放課後等デイサービスの利用を検討する
S様お一人だけのリラックスできる時間を意識して作ってみてください。
2.忘れ物がひどい→下校時、先生に声かけをお願いする
3.聴覚過敏→イヤーマフを装着する
1,500円くらいから市販品が出ています。着け心地もありますので、お店で試着されることをお勧めします。
ご子息様はいつまでも今のままではなく、ゆっくりでも確実に成長していらっしゃいます。
大丈夫ですよ! 今回の回答で、少しでもお気持ちが軽くなっていただけたら幸いです。
【吉原さとみ】
はじめまして
発達デザインコンサルタント吉原さとみと申します。この度は回答をさせて頂く機会を頂きありがとうございます。
ご相談内容を拝読させて頂き 私も一緒に「大声で泣いてしまいたい」・・・そんな気持ちになりました。
このような過酷なご状況の中でも お子様の可能性を信じ、ご相談下さった事にお子様への深い愛情を感じます。
お子様をみて「大丈夫」「信頼している」そんなお気持ちに変化できるように一緒に手応えを感じて行けたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします。


ご相談内容を拝読させて頂き 私からご提案させて頂きたいアプローチが3つございます。ぜひ試して頂きたいです。
①お子様の苦手の根っこをもう一段深く探す。
朝の支度 歯磨き 宿題 寝る支度などなど、共通して必用な動作が姿勢を保つことなのですが 苦手な行為が姿勢を保てないことでより(無意識的に)苦手に拍車をかけてしまうことがあります。
お子様の様子をもう少し伺いたいのですが
・普段 固い食材(根菜や肉など)をいただくことはございますか
・お子様がリラックスして落ち着いている時はどの様な姿勢でどの様な音の環境でしょうか
・お子様が好きなことはなんでしょうか
苦手の根っこをもう一段深く探すことで必用なアプローチがより鮮明になってきます。


②食事改善とサプリメントの摂取
毛髪診断の検査結果を拝読させて頂きお子様の頑張りに胸が熱くなりました。
これだけ頑張れるお子様の何よりの栄養は、「お母さんに喜んでもらいたい。」
数字からですがそんなお子様の思いが伝わってきます。お母様思いのステキなお子様ですね。
砂糖を欲しがる。好き嫌いが激しい。今は、全くご心配は入りません。
最後にお伝えしたい 環境をデザインするアプローチとセットで徐々に変化していくと思います。
・お子様が好きな食べ物は何でしょうか 苦手な食べ物は何でしょうか
・おにぎりや雑炊、炊き込みご飯などは食べられますか
・お味噌汁は飲めるでしょうか
こちらから食事改善へつながる突破口を見つけて行きたいと思います。
食事改善の前にすぐにでも試して頂きたい××××は××××です。
過敏なお子様は必用な情報と不必要な情報の取捨選択にとてつもなく脳のエネルギーを消費していることが多く細胞膜の土台を栄養で満たしてあげることが必要不可欠になりますし 近道です。
食事改善の土台が出来上がるまで根気もいりますが 少しの変化に目を向けながら楽しんで進めていきたいですね。
③環境をデザインする
苦手の根っこをもう一段深く探し お子様にとって楽に楽しく食事をする方法をS様と一緒に考えていけたらいいなと思います。


一緒に食卓を囲む ご主人様のご理解が必要となりますが 少しでもご理解が得られる可能性はございますか?
ある場合とない場合どちらにしてもお子様にとって進みたい方向、身を置きたい環境などをお伺いし、環境をデザインしていけたらいいなと思います。
最後になりますが これからを考えるのにとても役に立つ呼吸法があります。簡単なのでぜひ実践してお役立てください。
仰向けの状態でも あぐらをかいて座った状態でも 楽な姿勢で深い深呼吸をしてみて下さい。
1分間に4回くらいの呼吸を目標に、おへその下に手を当ててみても落ちつきます。
ニュートラルな状態になれるので 何か決めたり 考えたりする前に試していただくのがオススメです。ぜひ 私達チームと一緒に未来を作りましょう!
【たむらのりこ】
ご相談と毛髪検査結果資料お送りいただきありがとうございます。
ご相談の内容は、お子様が日常のもろもろのとりかかりに時間がかかる。忘れ物が多い。食事療法についての3点でよろしいでしょうか。


まずは、取り掛かりに時間がかかることですが、イライラのループわかります。毎日心が休まりませんね。
朝の身支度など日常の流れなどは、箇条書きにしたり、やることリストを作って見えるところに貼っておいたりすると次何をするかがわかり、習慣にする方法が良いかと思います。
リストとする時間や時計が書いてあるとなおよいです。
普段はお母様のお声掛けで宿題などは始められるのでしょうか?私もそうなのですが、人に言われるとなかなか重い腰が上がらないものです。
逆に、「何時から宿題を始めるの?お母さんその時間になったら見に行くね」と声をかけてみてください。
そうすると「まだ準備してないの」ではなく「あと何分で始めるんだね。」と声掛けができますのでお子様も自分から動く機会を上げることができます。淡々と準備を促してあげるのがコツです。


またスモールステップと言って、少しずつできることを増やしてあげられるように、目標は小さく設定してできた時ほめて自信をつけさせてあげてください。
そしてお母様自身叱るよりほめることが増えると心が軽くなってくると思います。まずは、この2週間でできるスモールステップの目標を考えてみませんか。
ご主人様はお子様をかわいがっていらっしゃるようですね。お子様のためにとスモールステップについて理解してくださるようお話してみてください。
ご主人様の納得できるスモールステップだとご協力してくださると思います。
4年生から忘れ物がひどくなったというお話ですが、中学年になり体が急に大きくなると今までより栄養も必要になりますから、いままで通りのお食事だと栄養が足りなくなってきます。
すると脳に栄養が回りにくくなりますから症状が悪化したようになります。


ちょうどこれからお食事を見直そうとするのととても良い機会だと思います。
できるところから玄米を中心にした和食、××××・××××・××××を取られるとよいと思います。
脳を修復させて心が安定してきます。
お子様の過敏や不安も強いようですし、お母様自身がイライラされるようなので××××の食材を取られると幸せホルモンが出て落ち着いて穏やかになってきます。
糖質の制限に取り組まれているようですね。急に糖質を制限すると、かえって欲求が強くなる場合があります。
血糖値の値が変わりやすい白米や小麦粉をやめて玄米に、白いお砂糖を黒砂糖や××××に、またはおやつ類を××××など消化に時間のかかる血糖値が変化しにくい食材にかえて徐々に糖質制限をされると無理がないかと思います。
栄養を効率的に摂取するために腸管を整える様に食物繊維をとり、××××・××××にされるとよいです。
お子様の毛髪検査を見ると重金属や化学物質の反応がありますので、××××の多い食材、××××を避けてください。
アレルギーもおありのようですから、油も消炎効果がある××××なども取り入れてくださるとよいと思います。
××××や××××など脳に良い栄養素が不足していますので、お食事以外にサプリメントを使用されると変化が早いと思います。
食事療法はお子様だけでなく、認知症のおじい様にも効果的に働くと思いますので是非取り入れてくださいませ。
沢山書きましたができるところからやってみてください。
【ひだかみゆき】
はじめまして。ひだかと申します。ご一緒に良き方向に進みましょう。早速ですがお伝えさせてください。


①ご相談者様ご自身の状態について
ご相談者様の日々の状況を推察し、少しでもほっとされる時間を持ち過ごす事がほとんどできないと感じます。
ご主人様がご子息様を遊びに連れ出してくださる時が、唯一安心してほっとできる時ではないでしょうか。
ご相談者様ご自身のお気持ちのゆとりが出る事でご子息様に対して寛容に接する事が増えると感じます。
まず、出来る事からはじめてみましょう。


②食事改善のご提案「体と心や脳を整える土台づくり」
★和食をメインとした××××・××××を心がける。
お米は玄米(発芽玄米)に変更されるか、もしくは白米に少しずつ入れて食べてみてください。
苦手でしたら炊き込みご飯に入れると食べやすいかもしれません。玄米には××××が多く含まれています。


★調味料も変更いたしましょう。
白砂糖ではなく→××××や××××
醤油やお味噌など→××××のもの。また××××を使ってお肉やお魚を調理するのもおすすめです。
★油も気にしてみてください。
炒め物に使うなら××××・××××・××××
不足気味オメガ3=××××・××××・××××・××××・××××など
※亜麻仁油は熱に弱く低温圧搾の商品や遮光瓶入り、有機JAS 製品がよいです。
サラダに砕いた××××と××××などを入れて食べるなど。
過剰摂取オメガ6=××××・××××・××××など(摂りすぎないように)
バランスよく摂取することで体の細胞の状態が安定しやすくなります。
★控えるべき××××は××××です。加工食品やお菓子に入っている事が多いです。
お子様のおやつにバナナや玄米おむすびもしくは××××などに変更されるとよろしいかと思います。
××××は細胞の機能を低下させる為健康への影響が甚大です。
★グルテンフリーとカゼインフリーを是非試してみてください(毛髪検査にも記載あり)
徐々に減らしていくか、お休みの日だけのスペシャルメニューとして麺類を食べるなど工夫してみてください。
小麦粉に含まれるグルテン、乳製品に含まれるカゼインなどのタンパク質、イースト菌、食品添加物や糖分、不要な脂質の過剰摂取などにより必要な栄養が取り込めず腸内で毒素が蓄積され、××××××××××××××××××××と言われています。腸内環境を悪化させない食事が大事です。
ご子息様の毛髪検査結果を拝見し、不足している栄養素を補う事で状況が良き方向に進む可能性があります。
③××××の摂取のおすすめ
××××・××××・××××・××××の摂取をおすすめいたします。あせらず少しずつから試してみてください。
(私の小学生になる息子も上記の同じ××××を様子を見ながら飲んでいます。)
以上大きく分けて3 点お伝えいたしました。
すぐに改善されるというものではありませんが、ご相談者様が行動されることで状況は良い方向へ変化していきます。ご一緒に考えていきましょう。
【あんのゆり】
こんにちは。初めまして。
ご相談をご対応させて頂きます、あんのゆりと申します。S様のお力に少しでもなれますよう努めさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。
まずは、ご相談に対する課題を3つ上げさせて頂きます。


①イライラや声を荒げてしまうのは、ご子息様をとても愛している証拠ですので決して悪い行為ではありません。
ですが、一度ご子息様への基準を少し下げて、声掛けを減らしてみてはいかがでしょうか?
「他の子が出来る」=「ご子息様も出来る」という思いを無くしてみましょう。
周りの子の「普通」より、ご子息様の「基準」を意識すると良いと思います。


②特にご主人様からのご支援があるととても助かりますよね。
一度お二人だけの時間を作り、ご主人様へ思いをお伝えすると良いです。
ご主人様も本当はご子息様の事を話し合いたいと思われているかもしれません。
その際は、普段のご主人様への感謝のお言葉をお伝えすると良いですね。
ご主人様に変化→祖父、祖母にも変化の波が訪れます。


③毛髪検査をして、その結果を見て食事療法を進めて行くのはとても素晴らしい事だと思います。
初めは、砂糖を少し減らしていく程度で良いと思います。
突然あれもこれもダメだと取り上げてしまうと、そのストレスがまた他の行動で表れます。食べる物、食べない物をまずは明確にする事をお勧め致します。
ご子息様の好きな物を無理に排除せず、例えばどうしてもグルテンが欲しいのであれば、まずは国産の食材を選ぶ所から始めてみましょう。
◆脳の改善→××××・××××・××××→★忘れ物の改善
◆腸の改善→××××・××××・××××→★必要な栄養素の吸収
◆神経伝達物質(精神安定)→××××・××××→★聴覚過敏の緩和、落ち着き

更にサプリメントの摂取も積極的に行うと良いでしょう。
→××××・××××・××××
聴覚過敏について。私自身聴覚過敏気味なのでご子息様のお気持ちが分かります。
音は日常的に出てくるものなので、かなりの頻度でストレスを感じている可能性があります。
身近にいる方が音への配慮をしてあげたり、話を聞いてあげたりするとご子息様はとても気が楽になると思います。
S様が、否定も肯定もせず話を聞いてあげる事で安心し徐々に落ち着いてくるでしょう。
最後に、S様の一人の時間を積極的に作り、好きな事をする時間を「意識的に」とってみて下さい。
ご家族の時間から自分の時間へ。最初は抵抗があるかもしれませんが、とても重要ですので、ぜひ意識して作ってみて下さい。
ご家族に、笑顔溢れる時間が多くなりますよう、願っております。

【三浦ふみ】
発達デザインコンサルタントの三浦ふみと申します。
S様のご状況、ご子息様の毛髪診断検査結果を拝見させていただきました。
ご家族のために本当に頑張っていらっしゃるご様子が伝わってきました。抱えられている問題を少しでも軽くできるようお手伝いをさせていただくことができればと思っております。
心を込めてご提案させていただきますのでよろしくお願いいたします。


1.お食事、おやつ
2.ご子息様の時間感覚、忘れ物多く、聴覚が過敏でいらっしゃること
についてご提案をさせていただきますね。

1.食事面からご提案いたします理由は、食事が行動に与える影響が高いからです。
生活の中で困った症状が出ている場合は頭であれこれ考えるよりも体に不足している栄養を補って差し上げると結果として良い方向に行くことが分かっています。
ご子息様の毛髪検査結果を参考にさせていただきますと、××××・××××・××××を補っていただけるとご子息様の症状は改善されると思います。


◎どのような症状にも大切な栄養素は××××・××××です。細胞膜の材料となっておりますので、××××を摂取していただくことをお勧めいたします。
 忘れ物が多い、集中力がない、疲れやすいなどの症状がある場合に大変有効です。
◎××××をご子息様のお好きなおかずにそっとかけて召し上がっていただくのも良いですね。
◎××××3を補うための食材としては××××、××××が含有量豊富です。
 代謝がアップし自律神経も整ってきます。
◎グルテン、カゼインフリーにしていき、スナック菓子やドーナツ等に含まれるトランス脂肪酸を徐々に摂らないことも必要です。イライラが緩和され、必要な栄養素が体に吸収されやすくなります。
急になくしてしまいますとご子息様も反抗してしまう可能性もございますし、かえって欲しがることもありますので、パンを米粉パンに、精製されたお砂糖ではなく××××に、ネットやコンビニでも購入できる食べる小魚、××××菓子、食物繊維豊富な××××、ビタミン豊富で甘みもある果物など無理なく取り入れてみてくださいね。

2.ご子息様は4年生ということで、身体つきも変化し、ギャングエイジの真只中ですね。
学校生活の比重も高くなり、親の言うことを素直に聞かなくなるのは順調な成長過程にあると言えると思います。
できたことができなくなったり、やる気がなくなったり、反抗的になったり。学校生活はいかがですか?
先述のような食事を少しずつ取り入れていただくことでご子息様の症状も改善されると思います。
加えて大切なことは周囲の意識、言葉がけです。どうしても、早く~しなさい、まだ~してないのなどの言葉をかけることが多くなってしまいますよね。
「まだ○○分もあるから大丈夫」「頑張っているね」という前向きな言葉をかけて差し上げてくださいね。お気持ちが伴わなくても言葉が持つエネルギーでそのようになっていきます。
だんだんご子息様とスキンシップをとらなくなるご年齢だと思いますが、頭をなでて差し上げるだけでS様ご自身も癒されると思います。


我が家の話なのでご参考になるかわからないのですが、下の子は食事改善をするまで大荒れでした。
行事に参加しない、友達に手が出る、毎日癇癪を起す、給食で麺類がでると周りのすする音が嫌で一人廊下に机を出し食べていました。
食事改善でどうにかなるのかしらとはじめは半信半疑でしたが、できることはやっていこうと決めました。毎日飲んでいた牛乳をやめ、サプリを飲み、食事も変えていきました。
体を動かすのは好きなので外で思いっきり遊び、空腹時に苦手なものを少しずつ慣らしていきました。
食事改善の理由をあなたが~できないから変えるではなく、~できるために変えていくのよと説明をしていきました。確実に変わっていきます。
本当に少しずつ、できることからで大丈夫です。
精神的にリラックスできるお時間も大切になさってくださいね。ご一緒に頑張っていきましょうね。

【倉田めぐみ】
初めまして。倉田めぐみと申します。
ご家族のこと、お一人で抱えて、頑張ってこられたのですね。
「なぜ私ばかりが…」というお気持ち。
家庭内で理解者がいない、寂しさ、辛さ、孤独なお気持ち…。
痛いほど分かります。
少しでも、S様のお心に寄り添い、笑顔が増えるように、お力になれればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


まずお子様の現状ですが、宿題も食べ物も「イヤな事はしたくない」というお気持ちが強いのですね。
「トークンエコノミー法」はご存じでしょうか?
一言で言うと、「ポイントを集めて、ご褒美がもらえる」システムで、
「先々困るよ」という概念が理解しづらいお子様に対して、見えるシステムとしてお勧めです。お子様と話し合って目標を決めてみてはいかがでしょうか?
(例えば、宿題が何分以内に終わったら~など)
 併せて、残り時間が分かるタイマーを使うと効果的です。
「××××」「××××」等がお勧めです。


次に毛髪検査の結果をみると、××××・××××といった脳に必要な××××が特に不足していますね。忘れ物が多い、集中力がないなどの症状は、この不足と大きく関わっています。
まずは、サプリやグミで補って頂くと、お子様の気になる症状も徐々に収まってくると思います。
上記に紹介した方法で、「サプリが飲めたらポイント」
と、できるとよいかもしれません。サプリが無理であれば、まずは××××に普段お使いの××××を変えることから始めて頂けるとよいと思います。
小学生の最も伸びる時期に食事改善を行うことで、思春期の深刻度が軽くなります。
どうか、お子様の未来を信じてくださいね。
そして最後に、ポジティブな言葉を心がけて使うことをお勧めします。
気持ちを込めなくても大丈夫です。意識的にポジティブな言葉を使うことで、無意識も徐々に変化し、その言葉が持つ状態に向かっていきますので、心がけてみてくださいね。
どうかS様の笑顔が増えますように。
【長澤佳花】
初めまして。長澤佳花と申します。
御子息様の事で、お一人で思い悩み大変苦しいお気持ちの中でも、ご主人様の御両親と同居され尚且ケアまでされており、本当によく頑張ってこられましたね。
今日まで頑張って来られたことをご自身で受け入れ、自分自身を沢山褒めてあげて下さいね。


私の長男もS様の御子息様と同じような状態でしたので、毎日イライラして怒鳴り散らし、時には手をあげることもありました。
そういった私の経験を踏まえてご提案させていただきます。
まず、今の御子息様の状態ですが、四年生頃から身体がグッと成長するので、脳に栄養が足りなくなりパフォーマンスが落ちているのだと思われます。
先ずは栄養をサプリメントで補って食事を変えていくと御子息様が変わっていかれると思います。


ただいっぺんにやろうと思うと、お母様ご自身が辛くなったり、また家計的に難しくなってくるかもしれません。
毛髪検査の結果から、既に砂糖を減らして食に気を遣ってらっしゃいますので、それに合わせて家庭では白砂糖を止めて××××にする、××××と××××の食事、××××を減らす、なるべく添加物や小麦,乳製品を取らない様にする、の中から出来る事から始めたら良いかと思います。全部はやらなくてよいので、気になる所から初めて良いです。
砂糖を減らした事で欲しい欲しいと駄々をこねるのは、中毒症状だと思われます。
我が家の場合は朝のパンを一気にやめたら毎日泣きました。
グルテンや砂糖等を一気に止めると大変ですので、少しずつがいいですね。
栄養を足す、余計なものをとらないようにすることで細胞が整ってきて、聴覚過敏も少しずつ落ち着いてくるかと思いますよ。
反抗期で母親が言えば言うほど聞き入れなくなる時期でもあります。やらなくてはいけない事をやらなくなってくるものです。
ですから例えば朝の支度はきっちりやらなくてはいけない、と思ってしまいますが、朝の支度が出来なくても良い、できなかったら出来ないでもよい、と視点を変えることで楽になってくると思いますよ。
お母様が変わっていかれると御子息様、そして御主人様も変わっていかれます。


私の経験談をお話させて下さい。
私は前の夫に長年にわたりモラハラと金銭的DVをうけていました。

元夫の借金を返すために私が朝5時半から夜中の2時まで働き、なのにどうしてお前は俺の弁当を作ることが出来ないのかとキレられ、借金を返しても返してもまた借金を作られる。
そんな状況をおかしいとも我慢しているとも思わず元夫と10年以上過ごしてきました。
そんな状況でしたので、子供が欲しいと全く思えずにいたのですが、そこにもキレられ、長男が産まれた訳です。
しかし、子供が出来た事で、このままでは母子で駄目になると思い、役所に相談して子供とシェルターに避難することが出来ました。
これは子供が1歳半と小さかったから出来た決断だと思いますが。
シェルターに入った後、身体中が筋肉痛のように痛くなり病院に行ったら、シェルターに入ったほど長年我慢し続けていた人が、ふっと精神的に楽になった時に同じ様に身体中が痛くなっているよと言われました。
長年我慢し続けていると細胞が傷付いてしまうのだなと思います。
頑張っている間はそれに気が付かない位に麻痺し、心も身体も酷使しているのです。
私としましてはS様がそうならないように、もう今まで十分頑張ってきたからもう頑張らなくていいんですよ、御子息様と自分のことだけを考えていいんですよ、ゆっくり休んでいいんですよ、と言う思いでいっぱいです。
S様が意識的,無意識的にもご自身を愛し癒していかれるといいなと思います。
【ふせくみこ】
はじめまして、コンサルタントのふせくみこと申します。
ご子息様のこと、いろいろとお悩みをお話ししてくださりありがとうございます。


私も小3に長男がいるため(3兄弟の母です)、宿題に取りかかるまでの時間がかかり夕方イライラすることや持ち帰り忘れが増えたことなど「わかる‼︎」と共感しながら読ませていただきました。
毛髪診断の結果も拝見させていただきましたので、まずはご子息様の好き嫌いやご予算面などから一緒に食事療法の進め方から考えていけたらと思います。
いきなり全てを変えるのは難しいですし、始めは取り入れやすい調味料から少しずつ変えてみてはいかがでしょうか(例えば、××××を××××に、お醤油を××××のものに変える等)。
そして、主食をパンや麺類ではなくご飯(少しずつ発芽玄米を足していけると良いですね‼︎)にし、お味噌汁や納豆といった発酵食品、シラス等の小魚を積極的に取り入れるだけでも随分変わってくると思います。
おやつも量を急激に減らさず、内容をグルテン・カゼインフリーのものに変えていくような進め方の方が、抵抗が少ないように感じます
(例えば、米粉パン、豆乳おからクッキー、焼きドーナツ、干し芋、果物等。ネット通販などでも探すといろいろ出て来ますよ(^_^)。
ご様子を見ながら少しずつ食事療法を進めて行きながら、もしご子息様に抵抗がないようであれば××××で××××・××××、××××等を補う方法も取り入れられるとより良いと思います。
しかし、サプリメントに関しては安価なものはあまり効果を期待出来ない面もありますし安全であるも考慮し、取り入れられる場合にはご相談いただけたら幸いです。


次に聴覚過敏ということで、ご近所の方の掃除機の音でも情緒不安定になるのはご子息様はもちろんのこと、それを見守るS様も、とてもお辛いことと思います。
イヤーマフやデジタル耳栓などはお使いですか?食事療法で改善されていくことも今後期待出来ると思いますが、それまでの間の対策としてお試しになってみてはいかがでしょうか。

7
最後にご家族関係についてです。
仕事や家事・育児に加えての介護はとても大変なことでしょう。
またS様のご相談に対して批判し、現時点では協力を望めないご主人様への哀しいお気持ちも伝わって来ます。
どうぞ、まずは肩の力を抜き、S様ご自身がリラックスして楽しめる時間を作ってみませんか?
好きな音楽を聴く、本を読む(マンガも良いですね)、公園を散歩する…何でもいいのです。
ご自身が心から笑顔になる時間を増やしていきましょう。そして、その笑顔で、ご子息様と遊んでくださるご主人様に感謝の言葉を伝えてみてください。


ご子息様のことはもちろんですが、ご家族やご親族の問題の方がよりS様のお心に影を落としていらっしゃるのではないですか?
せめて、ご主人様だけでも気持ちに寄り添い、僅かでも協力くださったらと願わずにはいられません。
しかし、人間というのは自分のことしか変えることは出来ません。親子や夫婦であっても、です。
ですので、まずはご主人様に「ありがとう」と、(感情を込めなくてもいいので口に出して)言うところから始めてみてはどうでしょうか?
言われることでご主人様も家庭で必要とされていることを感じ、S様の言葉に耳を傾ける心の準備が整っていくことでしょう。
また、ご家庭が感謝の言葉が溢れる空間になることは、ご子息様の聴覚過敏にも良い影響をもたらすと思います。
人一倍繊細な耳を持つご子息様に「ありがとう」や「大好き」という暖かい言葉をたくさん聞かせてさしあげることは、心の安定にも繋がりますし、言葉を発するS様のお気持ちもご家庭の雰囲気も暖かい状態になりますよ。
ご子息様の中学進学に向けてのお悩みも抱えていらっしゃるとのこと。もし宜しければ、次回学校生活のことなどもお聞かせくださいね。一緒に考えていけたらと思います。




これが1回分のお返事です。もちろん私小宮も補足回答をおつけしています。
これが2往復分で¥5400(税込)です(現在、トライアルのため特別価格中)。
コンサルタントたちによるメール相談をご希望の方はこちら(リンク先の「発達デザインコンサルタントたちによるメール相談」をご選択ください。



さらに、なんとこのメール相談が無料で受けられて(一往復)、しかも直接体験談などを聞けてしまう合同相談会がこちら!
絶対にお得ですし、ご相談したいだけでなく、仲間に入れてーという方も、とりあえずなんか聞いてみようという方も、ぜひご参加ください。
残枠4名様。お急ぎください。人生が変わるかもしれません♪
【開催日】2019年7月10日(水)10:30~13:00
【参加費】¥3,500 (税込) 後日一往復のメールカウンセリング付



▽▽▽詳細&お申込はこちらです▽▽▽




発達障害にも強い!子どもの発達コンサルティング:実績4500件以上のTOPページへ戻る