命あるだけで幸せ。どれだけ思い出せるかが今転換期を迎えている方の鍵:実話上映&トーク会

振り返れば、最初の子の命がお腹に宿ってくれた時、私は心の準備ができておらず、妊娠している自分の状態にうまく気持ちが合致できずに、夜中に何度も目覚めては、あ、私は今妊娠しているんだった、と自覚するような日々でした。

つわりもひどく、時間の経つのが長いこと長いこと。
時計を見る度に5分しか経っていない・・・。

テレビのCMでやっているお料理の映像ですら気持ち悪くなってしまうほどで、妊娠5か月の終りまでほとんど寝たきりの状態が続きました。

それでも胎動が始まり、お産が近くなるにつれ、とにかく願ったことは2つ。

・元気に生まれてきてね
・ママとたくさんお話してね

たとえば夕陽を見ながらの検診の帰り道、
「ああ早く君にこの空を見せてあげたいな」
「どんなお顔なんだろう」
「最初にママって言ってくれるお声はどんな可愛らしい声なんだろう」

そんな気持ちで一杯だったことを思い出します。


無事生まれてきてくれただけでありがたいことなはずなのに

君に会えて、成長してくれていることだけで幸せなはずなのに

同じく今自分の命があることにも、そして様々な出会いや気づきにも、感謝で一杯のはずなのに

人は時にそれを忘れてしまいますね。


なぜこんなお話をしているかといいますと、遡ること1年半近く。

ある女性からあるお問い合わせをいただきました。

サザンオールスターズの歌などで有名な茅ヶ崎海岸の近くにお住まいの方で、ご自宅のリビングを場所として貸して下さるので、講座に来ていただけないかという内容です。

その名は西山陽子さん

とても温かい、陽だまりのような、包容力を感じさせる女性でした。
男の子のお母さんでもいらっしゃいます。

3度ほどご自宅にお邪魔させていただき、講座をさせていただいたわけですが、随分後になってから、実はご主人を最近亡くされ、ご一緒に住んでいらした家に住み続けるのがつらいからという理由もあり、茅ヶ崎に越してこられたとのことをお聞きしました。

お伺いしなければ、塗装から建具、金具など細部まで気持ちが行き届いている、センス良い南欧風の素敵な一軒家に笑顔でお住いの彼女が、そのようなお辛いご経験をされたとは誰もわからないことと思います。
私も大変驚きました。

その西山さんが今のご活動の軸として選ばれたことの一つに、命の大切さ・奇跡を伝えていくということがあります。

今回、西山さんが企画し、場所・告知などご尽力下さり、こんな素敵な会が開かれることとなりました。

「光彩~ひかり~の奇跡」上映会&トークライブ

上映会とともにこの映像を監督された入江富美子監督とのトークショーを開催されるとのことで、そのお相手にお招き下さいまして、こんなに素敵なご案内もして下さっています。

「光彩~ひかり~の奇跡(実話です)」とは

私にお伝えできることがどの程度あるかというのもありますが、実体験をもとに気負わず、入江富美子監督とお会いできること、その映画を鑑賞させていただけることを楽しみに参加してきたいと思います。

✔悩んで突破口が見えずにいらっしゃる方
✔2019年を軽やかに良い方向へ進んでいきたい方
✔なんかよくわからないけど元気もらえるかも、と思われる方
✔転換期を迎えているとお感じになられている方
✔妊娠や育児に不安のある方

など、ぜひぜひご参加下さいね。

告知用チラシPDFはこちらからダウンロードできます