発達障害という才能~将来、中学・高校受験を考えている方へ~

いつも読んで下さっている方々はすでにご存知かと思いますが…
(応援メールなどもいただき、本当に、本当に、ありがとうございます!)。

あと約1週間で、度々登場している長男の私立の高校受験
あと約3週間で、都立の高校受験です。

でも結局、相変わらず大した受験勉強やってません。1日20分程度の勉強を、良くて2回くらいやる程度です。
悪いときは1回だけか、もしくは全くやらない。
 受験勉強といわない


1ヶ月前になったらやる!といっていた長男でしたが、そして3日くらいは、おっやる気になったか?と思わせるような態度でしたが、やっぱりやりません…。


もちろん、プリントをこちらで用意してやったり、時間だよーと声をかけたり、時には真剣に諭したりしています。が。あの手この手でやりません。
例えば、プリントなら一番上だけやって、残りは見えなかったとか。やり始めてすぐに、トイレにおなかが痛いといって逃げ込むとか。
(足掛け15年受験生を教えてきた経験上、ここまでやらない人もそうそういない)


もう一度いいます。
あと約1週間で受験です。


私が仕事から帰宅すると、うれしそうに部屋から飛び出してきて
わかっていると思いますが、中3です


「ママー!みてみてー♪ これすごいでしょー!!」


cube450
両手の上に大切そうに乗せられていた小さなキューブ2つ。

右側の、磨いていない金属でできたキューブを東急ハンズで買ってきて、自分で磨いたのが左側だそうです。2日かけて。

うっかり「すごーい!金型職人にでもなれば?!」


とノッてしまって写真なども撮影してしまいましたが、そんなことやってる場合でしょうか…。
絶対に違います




まぁここまでがいきさつで、
これが「ADHDの才能なんだな」と思った出来事が以下のこと


もう1つのほうも磨きたいから、コンパウンドを買ってくれと言い出した長男。

都立の模試(Vもぎ)を過去2年分買って、ちょこちょこと解きましたが(1日2教科とか。本人が1日5教科全部なんてむりーというので)、悪いときは20点台、たまに良いときでもせいぜい60点台でした。

内申がすごく悪いので(なにせ提出物を出さない上に、授業中寝ているので…)、行きたい都立に確実に合格するには、当日、65点以上は最低でも取らないとだめなのです。

「じゃあ模試があと1回分残っているから、それで5教科全部70点以上取れたらね
どうせ無理だろうとふっかけた

「わかった!!すぐやるから出して!!」

過去一度も見せたことのないやる気。
こちらとしては、結果やっぱり点数が悪くて「だからそんなもん磨いている場合じゃないでしょーー!」といいたかったのですが。

結局どれも85~90点台をたたき出したんですよ!!!


私「なぜ今まで本気出さない(´;ω;`)?」
長男「やる気にならないから」
私「そんなん磨くのと人生に一度しかない大切な高校受験と、どっちが大事なの?」
長男「頭では受験ってわかってるけど、イメージわかないから…」←ここ大事



ADHDはとりわけご褒美体質、というのはよく知られていると思いますが、要するに


ターゲットに興味がないとドーパミンやノルアドレナリンなどの脳内覚醒物質が出ない


のですね。もともとそういう物質が少ないから、刺激がないと出ないんです。
逆にいえば


わかりやすいご褒美を前にすれば驚くほどの結果を出せる


ことがあるのですね。





なんかもう、その瞬間だけ、全エネルギーがそこに集中し、普段繋がっていない回路に電気信号が送られたりするんでしょうね。


(のだめカンタービレをご存知の方は、あの、のだめちゃんがコンクール前にハリセンの自宅で、両手の指をつなげているシーンを思い浮かべてください。もうできとる!!とハリセンが目を白くして驚くあの場面です…笑)


Abstract digital brain,technology concept background vector


この覚醒物質を常時出す薬が「コンサータ」なわけで、もしかしたらこの薬を服用していれば、毎日別人のように一生懸命机に向かっていたかもしれません。
でも長男とも話し合って、この薬に頼らず受験を乗り越えようと決めました。


ストラテラも結局、最初は効果がありましたが、少ない量で臨界点を迎え(本来の許容量の1/3程度)、逆に食事やサプリメントで調整したほうがわかりやすい結果が出るので、今はもっぱらレシチンとDHAおよびビタミン・ミネラル類とアミノ酸頼りです。


おそらく彼自身も本能的に知っているのです。だから


  • ガムを買って(噛むと脳に刺激がいくから)
  • コーヒーまたは濃いお茶が飲みたい(カフェインが覚醒物質を出すから)
  • 達成できたら○○させて、○○買って(手に入れたい欲求で覚醒物質が出るから)




と言ってきたんですね。


わがままではなく、逃げでもなく、彼の本能の声だったのです。


同時に、どれだけ言われても、自分ではこれ以上頑張れないこともよくわかっていたから、怒られても怒られても(さらっと以前書きましたが、あまりに勉強しないので夫に追い出されました)自分のペースを守り続けてきた。
これも「自分を守るために聞き流すという才能」なんだなとつくづく思いました。


最後に、本当にこれこそがADHDの才能だと思ったやりとり。


私「不合格ラインの点しか取れないときのほうが圧倒的に多いのに、よく心配にならないね?」


長男「いい点とれるときもあるじゃん。それが本番で出るから大丈夫。失敗したときのことを考えても仕方ないでしょ」
根拠のない確信・・・おそろしい


私「…ここまで何もやらずに言い切れるって、すごいね…」

長男「でしょ」←本気。

普通は絶対に合格したいと思ったら、リスクを少しでも減らしたく、出来ないところを1問でも多くがんばろうと思うのでしょうが、この傾向はこれまで見てきた、特にADHDの方々みな多分にあるんですけど、


「いいときの状況しか覚えていない。そしてそれが根拠のない自信になっている。」


のですね。
でも最近の彼を見るに、根拠がないと思っているのは、私や先生を含む第三者であって、本人は実際、その時に発揮できる何かをわかっているから、根拠があるのかもしれないなと思うようになりました。
もしこれだけ何もやらずに合格したらそういうことなんでしょう。ご報告するので待ってて下さいね~。
(追記:合格しました・・・)




ADHDの脳は、火や獲物を得ながら開拓してきた原始人の脳であり、彼らがリスクを考えずに行動できたからこそ未知なるものの克服と進化を達成できた、という説がありますが、たしかに…と思いました。

ちなみにアスペルガーは学者・研究者脳ともいわれ、一つのことにとてつもなくのめり込むことができるため、新種や新情報の発見をできたりするのだそうです。

要するに、全体がまんべんなく機能していないかわりに、一部の興味ある部分だけ、脳神経が太くて密集しているからこその結果なんでしょうね。
発達障害ではないですけど、サヴァン症候群なんかとてもいい例ですよね。
ADD/ADHDという才能
 

~まだお子様が小さくて、将来、中学なり高校なり受験を考えていらっしゃる方へ~

今、長男が大して勉強しなくても、普段の点数が悪くても、塾へ行っていなくても、いざというときにこうしてそれなりの点数を叩きだせるのは、下記のベースがあったことが非常に大きいと考えています。よろしければご参考下さいね。


【めばえ教室】に幼児期通っていた
 (幼児教室のすすめ:ルールを理解する脳 をご参照ください)
 =図形、空間理解能力、言葉からイメージを連想する能力、ことわざや故事などの雑学土台が既にインプットされていた


【今解き教室】を小学4年生~6年生まで自宅で解かせていた
 =時事問題を自分でどう考え、人に説明するか、という問題集です。大人が読んでも素晴らしい内容です。


【英語長文読解】だけは中1から中2までの2年間、がっつりやった
 =そのため簡単な大学受験レベルの長文は読めます
  長文読解のコツは、日本語的に訳さないこと。文節にえんぴつで「 / 」と区切りを入れる習慣をつけて、
  He went / to school / last Sunday.  「彼は行った、学校へ、先週日曜に。」のような読み方をすることを徹底します。
文法とか単語を何度も書かせるとか熟語を覚えるなどは一切しません。


【ふくしま式「本当の国語力」シリーズ】を小学4年生から解かせた
 =これはもう絶対におすすめの教材。国語は感性ではなく図形的理解で解くものです。




【ピアノ】を脳トレの一環で一時期やらせた
 ピアノが効果的をご参照下さい。


【テレビ・ゲームはそれぞれ1日1時間】までと決めていた
 =それ以外の時間を、よくわからない工作や読書(私が好きなので村上春樹さんの本や、ラノベと呼ばれるシリーズ、雑学系の本、特に空想化学読本←ものすごくおすすめ)に充てていた。
  ちなみに去年テレビは捨ててしまったので、以来家にはありません。




いつも読んで下さりありがとうございます!1日1クリックの応援お願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想