発達障害症状が緩和!元の自分へ戻れた感じです!

~読者の方から、宝物のような言葉がたくさん詰まったメッセージをいただきました!~


いつもブログを楽しみにしてます。

特に最近のとび君の様子にはびっくりさせられました。
ジャンクな食べ物を少しとっても大丈夫になったんですね!
脳のシプナスが構築されてきているのでしょうか?私にとっても、うれしいお話でした。

その後、私にも色々と変化がありました。今回はその話を聞いていただけたらうれしいです。

5月に毛髪検査の結果がきて、6月始めにナチュラルクリニックで診察してもらいました。

結果をみて、今までの私の症状の道筋がわかりました。
今までどうしてかわからずにモヤモヤしていましたが、糸がほどけたような感じです!
道筋がわかったのは、小宮さんやみどり先生のブログで勉強できたおかげです。

私の場合は、
自閉症スペクトラムなどの症状というよりも、低血糖や不耐(グルテン、カゼイン、イーストなど)によるものが強い
とのことでした。

ただ多動は-2で、これは子どもの頃からあるものだとも思ってます。

道筋はというと…不器用な私は、
もともとキャパが少ないところに、結婚、出産など、自分のこと以外にもすることがふえ、毎日に余裕がなくなってました

食事も簡単に済ませることも多かったです。➡少しずつむしばんでいたように思います。


ここ数年は特に、学校などの役員や仕事、親の出る幕の多い子どものスポーツなどで、苦手なことを始め、うまくいかず、毎日のように落ち込み引きずっていました。

そのうち、物忘れがひどくなったり、それまで以上に判断力がにぶったり…発達障害の症状の悪化(?)や、若年性認知症まで疑うようになっていました。
➡ストレスで、副腎に負担をかかったということでしょうか。

(話がとびますが…このころ、頓服で使うようにとコンサータを別のクリニックでもらいました。頭がクリアな感覚も得られましたが、同時に恐い感覚もありましたし、ブログで小宮さんの考えも聞き、やはり私は薬は飲まないで行こうと決めました。)


低血糖で発達障害のような症状が出ることがあるとありましたが、自分がそうだとは検査結果が出るまで思ってませんでした
(子どもの頃からADHDの要素があったからです)


検査をして本当に良かったと思います。
クリニックで主人にも話を聞いてもらい、私がしていることへの理解もしやすくなった
と思います。


こみやさんのブログに出会ってから、ゆる~く始めていたGFCF。

毛髪検査の結果が出る頃には、乳製品や小麦類を取らなくても平気になりました。

クリニックの指示で、今は糖分と添加物、他色々とおさえてます。
(もちろん、サプリもとってます!自分で探して購入したサプリですが)


本当にグルテンやカゼインは抜けてくるんですね。 

今は食べなくて平気なことが不思議です。
依存性が高いことがよくわかりました。糖分も依存性が高く感じますね。

ちょっと前に、都合で市販の小麦が入ったカレールーを使ったカレーを食べてしまい、口の中が大荒れしました。
以前は普通にたべていたのに… 私の身体の中もここまで来たのか~と実感しました。この食生活はこれからも軸になっていくと思います。


食事制限した結果、発達障害の悪化と感じていた症状は緩和され、とても穏やかで落ち着き、以前の自分に戻れた感じがします。 
(ちょっと前のことですが、改めて心が崩れていたんだと感じます)


便通も毎朝(遅くても午前中)にあるのが普通になりました!これは、私至上初(^o^)


前回のメールで、発達障害支援センターへ行くつもりと書いたのですが、その後予約をキャンセルしました
もう少し、食事とサプリで改善できると思ったからです。


ただ…
落ち着いてきたものの、ADHDやもともと苦手としている要素はまだまだ…。

ここから先は、もう少しきちんとサプリをとる必要があるのだろうと思います。
多分野菜(ビタミン系)も。本当はリゾレシチンを取りたいのですが、予算の関係で、最近nowのレシチンをとりはじめました。
しかし効果はまだよくわかりません。やはり、低分子ではないと脳まで届きづらいのでしょうか(泣)

6月にクリニックに行ったときに、リゾレシチンを試食させてもらい、その日の夜は疲れても頑張れるし、細部にわたり考えることもでき幸せに感じました。速効性でしょうか。
~sunsetblue0様より。文字数の関係から一部割愛させていただきました~



食事改善を始めようかどうしようか迷っている方、始めてみたけどなかなか効果が現れないで不安になっている方にとって、とてもとても勇気と希望の持てるメッセージをいただき、本当にありがとうございます。

最初にメッセージいただいた時に比べるととても前向きなエネルギーを感じ、私も非常にうれしく思います。

最後にありましたレシチンに対するご質問ですが、ブログでご紹介しているクリニックのKリゾレシチンは、舌下吸収されるので、吸収が早いのですね。

それから、生体への吸収率はほぼ100%というデータが、米国MIT マサチューセッツ工科大学での試験で証明されています。
他のリゾレシチンや一般的なレシチンは良くて20%前後なので、圧倒的に吸収率がいいのがわかります。

レシチンの試験データをどうしてもほしいという方は開発者の神津先生に直接申し込めばいただけると思います。 
(私は直接お会いしていただきました。手元にあるのですが二次配布はおそらくNGかなと思いますので…)



#発達障害 #発達障害治る #発達障害改善 #グルテンフリー #カゼインフリー #発達障害食事


このページをご訪問下さった方、↓↓↓どうぞ1クリックしてね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想