緊急:毛髪検査の結果を見てください、どうしたらいいですか?(データ公開)

以前、ご紹介しました、アスペルガーだとおっしゃっている「ヒマワリ咲いた様」から、早速、毛髪検査の結果が届きました。  

   →いきさつはこちらをご欄下さい
 

それで、どこから手をつけていいかわからないので相談に乗って下さいとのこと。 


himawarisaita20160301r

himawarisaita20160302r himawarisaita20160303r himawarisaita20160304r himawarisaita20160305r

himawarisaita20160306r
注:もう一枚、泌尿器系などのテスト結果があったのですが、いただいたデータに不具合があったので、省略させていただきます。
内容としては、心臓や肝臓などの内臓系はだいたい、-1、卵巣やプロゲステロンなどのホルモンなどはだいたい-3といった感じです。


そもそも、毛髪検査は、病院での診察の資料に使うことが本来の目的なので、この簡易版アドバイスは、慣れていない方だとその重みが伝わりにくい印象を受けます。


まずお伝えしておきたいのですが、
「-2」
は、実際の症状としては、かなり実生活において支障があります。
 

診断書では「未病」の段階、という記載があるのですが、現実問題としては、
本人も家族も、結構なダメージレベルと考えていただいていいと思います。

つまり、「0」の状態が「普通」の状態で、最低限、目指すべき基準値なんですね。

この「0」から「-1」、
 「-1」から「-2」
までの幅はとても大きいです。

発達障害でいったら、「-2」は、人としてのコミュニケーションはそこそこ取れるけれども、症状としては、ある部分においては症候群レベル、ある部分では障害レベル、という感じですかね・・・。

ただですが。
「-2」なら、食事改善や生活改善を忠実に守れば、回復も早いようです(3ヶ月~1年半の間に、確実に改善が見られます)。
もちろん、置かれた環境や年齢などにもよりますが。

なので、診断的には未病扱いなのかなと思います。


「-4」ともなると、とても深刻な状態だと思っていただいていいと思います
たとえば精神的ストレスが「-4」だと、もう日常生活を送れないほど弱ってしまっていて、おそらく入退院を繰り返したり、仕事が出来なかったり、その他の支障(パニック障害だとか、適応障害だとか)も色々と出ていて、苦労されている状態かと思われます。


「-3」は、前述の「-2」と「-4」の間ですが、相当症状としては悪化している状態と考えていいですね。

ヒマワリ咲いた様ですが、ご本人にもお伝えしたのですが、


・全体的に悪い状態であること
・低血糖症が重いこと(「-4」)
・グルテン、食品添加物、薬剤副作用の影響が高いこと(「-3」)
・腸管が悪化していること(「-3」)
・GABA、レシチン、トリプトファン(アミノ酸の一種)、DHAといった、脳をつかさどる物質が揃って圧倒的に欠乏していること(「-3」)


が見て取れます。


つまり、

1.グルテンや食品添加物の影響から
    ↓
2.腸管が傷つけられ、毒性のものが体内を巡り
    ↓
3.脳へ必要な物質が運ばれず
    ↓
4.発達障害や、ホルモン分泌系を初め不具合の症状が出て
    ↓
5.それが原因となりストレスや不安神経症、心配・不安・いらいらといった精神バランスを欠き
    ↓
6.薬を服用することで、さらに悪化した



といったストーリーが見えてくるかと思います。


また、同時に、低血糖症も深刻です。
低血糖症については以前こちらにUPしましたのでご参照下さい;
ADHD・自閉症・うつと低血糖症


対策ですが、簡単にいいますと、


・腸を治すこと(グルテン、カゼイン、食品添加物は一切NG)
・低血糖症を治すこと(私のブログや、発達障害に効くレシピ!などもぜひご参照下さい)
・足りていない栄養素を食事やサプリメントで補うこと


ですね。


脳に足りない、GABA、レシチン、トリプトファン(アミノ酸の一種)、DHAなどは、当面、クリニック指定のサプリメントなどでがっつり補給しながら、食事改善をすると回復も早いと思います。
(クリニック指定のサプリメントは、純度が高く、不要なもの=香料や加工でんぷん、糖類などが入っていないのでお勧めです。他メーカーのサプリメントを購入される場合は、この辺にご注意いただくといいと思います。)


腸を良くすれば、栄養が全身にまわるので、脳も良くなり、ホルモン分泌も良くなり、内臓機能も良くなってきます。
また、食品添加物排除や、低血糖症を治すことにより、無駄にビタミン類を消費することも減ります。
結果として、精神安定がもたらされます。


このデータを元に、食事改善・生活改善に取り組めば、これ以上悪くなることはありませんので、とにかく安心して、ゆっくりでいいので、改善しながら希望を持って楽しい人生をこれから一歩一歩進んでくださいね。

【追記】ヒマワリ咲いた様が検査とカウンセリングを受け、新たな一歩を踏み出す力を得られた様子がブログに綴られていました。胸がいっぱいになりました。
    その記事がこちら。


【ヒマワリ咲いた様からのお返事】

早々のお返事ありがとうございました。

深刻ですよね。なのにコメントは軽い感じ。
これでは素人の方は-3で注意せないかんのやみたいにしか受け取れないです。

電話する前に家族の検査を受けられた経験者としてこみや様のご意見伺いたかったのもありましたので・・・。

一応看護師の資格はあるのですが、院内作業がダメでケアマネを10年して休止療養に入った次第です。

精神の問題は数値化する方法がなかなかなかったのでブログに救われた思いです。

夫以外、3人の子も精神的な問題抱えているので早急に検査受けて家族ぐるみでの食改善していくつもりです。
今後とも宜しくお願いいたします。

元々肉嫌いなので魚中心(主に刺身と煮つけ)なのにこのような結果なので余計ショックです。

これまでの年月ありとあらゆる健康に良いものは試しましたが何も改善に至ることはありませんでしたし、医療も進んでいなかったです。
ただ働いても無駄に健康への出費が増すばかりでした。

今回の検査前から紹介されていたレシチンのグミタイプのを摂取していましたがこの数値。摂取していなかったらどんなだったろうかと怖いです。
長々となりましたが、アドバイス通りやっていきます。

クリニックのカウンセリングも非常に役に立ちました。

必要なサプリを利用しながら、食にも何をどれくらい摂るというような部分まで教えていただきました。

各所に悪い所があり過ぎて悪循環の堂々巡りで更に悪化していったようです。

幼児の検診にもこのような検査があるといいのになあと思いました。
アレルギーとは異なるのでわからないで悪い食生活をさせてしまう事になるんですもの。



下記バナーの1クリック応援 とてもうれしいです。1日1クリックのみ有効です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想