心と体と量子①私たちはエネルギーの世界で生きている

分子栄養学にまでたどりついて皆さんに食事改善による根本的な脳回路と体質の改善をおすすめしていたわけなのですが・・・。

分子もさらに細かくしていくと原子になり、原子よりもっとミクロの世界には原子核・電子・陽子・中性子・クォークなどがあって・・・

原子を含む、原子より小さいものをひっくるめて「量子」と呼んでいるみたいなのですが。

この図がわかりやすいです;
量子ってなんだ?




この「量子」がすごいんです。

量子というのは「粒」であり同時に「波」でもあるという、人間にはちょっと想像がつきにくい物質なんですね。

私たちが良く知っている電子も、実は量子です。

学校では、まるで惑星みたいに中心の原子核の周りを電子が回っているように習いますが、あれはウソで、実際は、エネルギーという波の状態で、もわもわ雲のように漂っているんですね。

これを電子雲といいます。

ご興味のある方は、電子雲(でんしうん)で検索してみてください。わかりやすく解説してくれているサイトなど、色々出てくると思います。

これは実験ですでに確かめられているものであり、物理学では現在の常識になっています。



どうして粒であり波なのか、という実験については、「二重スリットの実験」という動画を検索してみて下さい。

↓このアニメの動画がわかりやすいです(Youtube)


それで、何が驚きかというと、
原子と原子核の大きさの差は、地球と東京ドーム(東京ドームとパチンコ玉という説もあります)ほどの大きさの差なのだそうです。

私たちの知っている物質は全て(私たちの体の細胞も)原子の集まりでできているわけですから、実態はエネルギーが充満しまくっている、空っぽの入れもの、となります。

どこか一部を取り出してどんどんズームしていくと・・・
こんな風に、東京ドームほどある大空間の原子の中を、もわもわしたエネルギーの波が充満している状態なわけなのです。
energy0

つまり、私たちの脳は、原子の並び方によってそのエネルギー(波のようなもの)の塊を、

・水のような流体だったり
・石のような硬い固体だったり
・人間のようなやわらかい半固体だったり

に変換して感じているだけなんですね。

私たち人間の脳が持つ「知覚システム」は、原子というエネルギーの情報を、その並び方によって、様々な固さ・やわらかさ・形・温度・色などに変換して認識しているんです。

色なんかわかりやすい例かもしれません。
色は、人間が目に見える範囲の光線をどれだけ吸収するか、によって決まりますね。

赤い色のものは、可視光線のうちの「人間の目には赤く見える波長の光線だけ」反射して、他の波長の光線を吸収してしまうので、赤く見えるわけです。
でも、同じように他の動物が赤に見えるかというとそうではないんですね。

そればかりか、人間には見えない紫外線なども、たとえばモンシロチョウなんかには見えているんです。
こちらに写真が載っています;チョウは人と同じように花を見ているの?

つまり、人間の脳の知覚システムは、人間にとって都合のいいようにできているだけであって、必ずしも真実の姿を認識しているわけではないんですね。


私たちは実は、何もかもが「エネルギー」で成り立っている世界に生きているということなのです。
自分も目の前にいる家族も、自分たちがいる空間も、みんなみんな「エネルギー体」だったんです。
波動を出すエネルギーそのものだったんですね。


だからこそ、波長が合う人・合う音楽・合うもの・合う場所(逆に合わないのも同じ)というものがあるわけなのです。

なんとなく慣習的に使ってきた言葉であり、経験則でもありましたが、これは量子の世界からみたら「当たり前」の事実だったんですね。

とりあえず量子力学にたどり着くまでに読んだ本の一部をご紹介します。ご興味のある方はどうぞ。







(…現在も進行中)

 



いつも読んで下さりありがとうございます!1日1クリックの応援お願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想