命の危機:広島K様からご主人の毛髪検査結果が届きました

~誰もわかってくれない命の危機~などの記事を書かせていただきました、シェルタールーム#2 広島のK様が、ご主人の毛髪検査結果を送って下さいました。 

シェルタールーム#2はこちら
 

※一部のみ公開させていただいています。    

hiroshima_k020
hiroshima_k030
hiroshima_k0
hiroshima_k040
hiroshima_k050
hiroshima_k060


※毛髪検査結果についての正式な診断・処方はクリニックで必ず受けてくださいね! 

K様のご主人の特徴は、他のご相談いただいた方々(データを公開していない方も何人もいらっしゃいます、申し訳ありません)と比べ、腸内のイースト菌も少ないですし、グルテン不耐も-2です。

発達障害の症状が出ている方はだいたいグルテン不耐が-3か-4が多く、-2というのは、発達障害でない人でもざらにいるレベルです。
(代わりに乳製品に対するカゼイン不耐が-3なんですね。)


また、データとしてはUPしていませんが、免疫機能や血流、心臓系なども0か中には+1のものもありました。悪くても-1なので、そんなに酷くありません。


脳に必要なDHAやトリプトファン、GABA、レシチンなどの栄養素だけが群を抜いて足りていない感じです。
他の栄養素も足りていないですね。


根本的に脳に必要な栄養そのものが足りておらず、ミネラル類なども不足しているので、脳の幅広いシナプス構築ができない印象を私は持ちました。


***最近の研究で、発達障害あるいは発達障害そっくりの症状を呈する原因としては、

・食べ物や食品添加物などの影響で、胎児の頃・あるいは幼い頃からの脳汚染によるもの
・遺伝的に何かが欠損しているもの
・生育環境(虐待など)

などがわかってきています。
従来は、遺伝的欠損のみを発達障害としていたようですが、最近では遅発型ADHDといって、大人になってから発症するケースを研究したデータも発表されるようになってきています。

米医師会の精神医学専門誌「JAMA Psychiatry」において2016年5月18日「注意欠陥多動性障害(ADHD)」に関する2つの研究論文が発表された***

足りない材料を補給し、一から回路を作るトレーニング(ソーシャルスキルや感覚統合など)をすればもちろん大なり小なり改善はされると思いますが、随分と大人になってしまっているのと、これまでのエピソードからご本人が受け入れない可能性がとても高いので「相当」時間と労力が必要かなと思います。

K様のご苦労がしのばれます。

K様よりコメントです;

結婚や出産を考えている方が未来の参考にして、未来の現実感を持っていただきたいと思い、記事を見てくださればと思います。

通信料金を制限されてまして、(新聞もなくネットも低速でほとんど繋げず…)それ以上を求めると、贅沢は働いてから言え!と怒鳴られたところでして。
blogを拝見するのに、サイトをスマホが低速で読み込めず、昨日時間をかけ、ようやく拝見できました。

すみません、すみません、また愚痴…

ここ数ヶ月、主人と出かけないよう私と子供だけで出たりしてきたのですが、用事があり家族で出かけました。

帰りにご飯をファミレスで食べました。

私以外はドリンクバーがついていたようで、私は自分の頼んだものについていたか確かめもせず、つられてドリンクバーで注いできてしまいました。

飲んでいる私をみて、目の前にいる主人は中腰になり目を大きく開け店員を呼びとめようとしました。

私が静かにしてちょうだいと頼んだので

「この人(私)、ドリンクバーのんでるよ!オーダーしたものにドリンクバーついてないですよね?いけないですよね?」

と、店員にいうところを、私に言っていました。
子供の前で。母親を指差して。

子供にお母さん、私のあげるよと言われ、情けなく感じました。

子供が荒れてますので、子供相談室に通いはじめました。

学校準備や宿題ができず、やってる途中にいろいろ気が散って5分で済む宿題が2時間。

本人が怒号を飛ばしながら続くこと、途中で雨のなか走りにでてしまいいつまでも終わらなく…

困ってると旦那に話せば、無言か、たいして気にも留めない答え。

親に話せばあなたの育てかたが悪い。夫婦仲が悪いからと。

いつもこんなふうです。

何故夫は結婚したのか。幸せにしてあげられないなら何故家族を作るのか。
幸せにすると親に宣言しながら何が人の幸せかすらもわかってもいないじゃないかと、「未発達」なのを噛み締めました。

ご主人がこのような方、出産をやめることも冷静に考えてくださればと思います。

子供がかわいそうです。(一部省略させていただきました)





私たちにできることは、今の子供たちをここまで悪化させないこと、近くやお友達などで、こんな風に苦しんでいる人がいたら、気持ちを聞いてあげるだけでもいい、心と手を差し伸べてあげることかなと思います。



下記バナーの1クリック応援 とてもうれしいです。1日1クリックのみ有効です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想