こんなでした編最終章:現在のとても良い状態について



記事の一番最後に、元夫・長男・長女それぞれの症状についての記事のリンクを掲載しています。



発達障害のご主人やお子さんとの生活について、読者の方々から、ありがたいことに色々とご相談を賜っております。


先にご紹介した夫の症状やこれまでの経緯ですが、そうした方々や同じような思いをされているだろう方にとっては、おつらい記事になってしまうことも予想されるので、さらっとしか記事にしていません。
もちろん書けないこともたくさんあります。(むしろその方が多い・・・)


そういうことも踏まえ、そのような状況がどのように今快方に向かっているか、ということについてお読みいただければ幸いです。


私にできること、私がお伝えしたいことは、希望を勝ち取るための方法です



これまでご紹介してきました夫の症状と、手のかかる長男・長女(一番最後に全部まとめました)、そして書くと複雑になるので割愛しますが、夫の家族(両親、親戚等)や私のバックグラウンドにある問題など、あらゆる問題を平行で抱え、戦い続けてきた約17年でしたが、


結論から先にいいますと、今、とても良い状態です。


まず、義父母とは、義父の大借金が発覚後、黒い服を着た人たちが子供と暮らしている私たちの家の周りまでうろうろするようになったので、義父を呼び出し、私の親戚に立ち会ってもらって縁を切りました。
義父自体の借金も問題でしたが、義母の「その借金は息子が返して当然」という感覚にも私は賛成できなかったのです。

天災や、命がけで努力しても尚、時代の流れなどでどうしようもないこともあります。

そうした借金は、家族で力を合わせて返そうという気にもなりますが、自堕落と欲による借金を子供にまで背負わせるのは、今で言う「毒親」と私は思うのです。

少し話はそれますが、


親としての役目は、子供を次の世代を担う立派な社会人に育て、世に送り出すこと。


これにつきると思うのです。


たとえ実の親であっても義両親であっても、新しい「家族」を設けた子供の人生を壊すほど愚の骨頂はないと私は考えています。


これができない親は「親」ではありません。
ただ、そういう「学び」を与えてくださった人、その学びを与えてくれるだけのご縁の人、として感謝すればいいのではないかと思います。


頂戴するご相談の多くが、義父母を含むご両親との関係にも悩まれていらっしゃる方からのものでもあります。
なかなか私のようにドライに割り切ることは難しいかもしれませんが、どうかご自分の人生を、ご自分の家族を、ご自分の子供を、大切になさって下さい。



話は戻りますが、次に夫との関係は、離婚同居、という新しい形をとることで、今、本当にうまくいっています。

離婚自体を推奨するわけでは決してありませんが、一つの考え方・方法として聞いて下さればいいかなと思います。


基本的には、以前UPいたしました、離婚という選択という記事の通りなのですが、夫は、これを機会に、自分の中のソフトを再インストールした気持ちになれたんじゃないかなと思います。

多分、そういうわかりやすい儀式やきっかけが必要なのも、特にアスペルガーの傾向がある人の一つの特徴なのかもしれません。


夫の症状こんなでした編シリーズでご紹介した、様々な夫の不具合も、食事改善によって相当改善されました。

というのも、離婚条件の中で「夫は、精神・身体の健康を維持すること」というのを入れたのです。これがまた効いています。
 
 
これまで、彼は茶色い食事の支度しかできなかったのに、最近、こんな食事を作るようになりました(私側から撮影したので左右逆です)。
 
husbanddinner
 
 
私は夫に対して

「男女として気持ちを共感したり、人生を楽しむこと」
「望ましい父親でいてくれること」

という希望を捨てました。


その代わり、共同生活を営むパートナーとしては、最高のパートナーシップを手に入れたと思っています。


たまたま我が家の場合は、夫が在宅の仕事で料理や買い物が好きだったこと、私のことを束縛しない、という利害が一致したのでよかったのですが、仮に夫がサラリーマンであった場合であっても、私はおそらく夫をお金を入れてくれるだけの人、として割り切り、それなりの方法を見つけていたと思います。


ちなみに、離婚までの決断が長引いたことの理由の一つに、別居という形の離婚を選んだら、おそらくきちんと養育費を払ってくれなくなるだろうという懸念もありました。

なので、そうなってもいいように、地道に貯蓄だけはしておきました。
どうか、せめて専業主婦であっても、家計を預かれるように頑張っていただけたらなと思います。(余談ですが、貧乏やりくり講座もお請けします^^)

(胸を張って、家を守っていること、ご主人やお子さんの世話をしていることに対価を求めてください。お金の計算ができないとか、自分が借金を重ねてしまうという場合は残念ながらここでは論外ですが・・・(´・_・`))。


読者の方の中には、働くことも許されず、携帯やパソコンなどの使用も限られ、お金も自由に使えない本当にかごの鳥状態の方もいらっしゃいます。

また、働きたくても、体を壊しすぎてしまい、働けない方もいらっしゃいます。

本当は経済的に自立できると随分変わってくると思うので、ぜひパートでも在宅でもなんとか頑張っていただきたいと心から祈るのですが、もし働けなくても、全く手立てがないわけではないので(シェルターとか…)希望を捨てずに、頑張って抜け出して下さったらなと思います。


それから、あの手のかかってどうしようもなかった長男ですが、現在高校一年生となり、薬は一切服用していませんが、一言で言うと

「まともな普通の人」

になっています。
 
 
代替医療に基づく食事改善に乗り出して1年半。

それまでやってきた、ピアノやら、めばえ教室やら、親子での勉強やら、色々なものが成果となって表れたのだと思うのですが、

「一体どうしちゃったの?」

というくらい、別人のようになりました。もはや彼を発達障害と呼ぶ人はいないと思います。


  • 部屋をきれいにする
  • 大事な時間は守る(学校やバイトなど)
  • 自ら勉強する(試験前だけですが、それでも大きな進歩)
  • 就寝時間を守る
  • 学校を休まない
  • 落ち着いており礼儀も正しい


  • 追記:食事が乱れるとこられもとたんに乱れます



つくづく
・人の人格は食べたものによって作られ、それによって人生が変わる
のだということ
・発達障害を抱えるパートナーとやっていくためには独特な方法と気持ちの切り替えが必要なのだということ



を痛感しています。(私も若返っていますし・・・)


どうかたった一度きりの大切な人生、少しでもよりよいものにしていただけたらと心から願っています。ご参考になれば幸いです。



元夫について


夫の症状こんなでした編Ⅰ
こんなでした編Ⅱ
こんなでした編Ⅲ
こんなでした編Ⅳ:夫婦関係失敗の原因分析
離婚という選択

長男について


24時間戦いますか

長女について


娘が不登校になりまして・・・
生きている意味がない?Ⅰ
生きている意味がない?Ⅱ 安易な死への階段
生きている意味がない?Ⅲ 生きる意味



いつも読んで下さりありがとうございます!1日1クリックの応援お願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想