こんなにきれいな字が書けるようになります

見てください。このきれいなバランスで書かれた字!

【AFTER】

mathprint
English01

・等間隔
・同じくらいの大きさの字
・線からはみ出していない
・aと0、あるいはuの区別がちゃんとつく
・bとhの区別がちゃんとつく

ではありませんか!!




それまで書いていた字↓↓↓。

【BEFOR】

math01
 
note01
 
Eng01
…何語だ? 読めんヽ( `д´*)ノ!!
 
 
 
これもですね、食事改善とサプリ補給の成果なんです。

それまで、どれほど注意しようが叱ろうが、訓練しようが、書けなかったんです。
指が思うように動かないみたいで、えんぴつが上手に握れない、力を入れる指が違う。

脳からの指令が正しく行かないから、指が動かないんですね。
だから当然、思うように筆が運ばない。

同時に、目から入ってくる情報もうまく脳内で整理できないんです。自分が書いたような風に、文字が重なったり、大きさがバラバラで見えたりするらしいんですね。
だから、そこにある線に沿ってまっすぐ書けず、まがってしまう。

与えられたマスや行の間におさめられない。
必要以上に隣の字とくっつきすぎてしまったり、逆に離れすぎてしまったり。
ちょうどいいバランスで書けないので、パッと見、何語かわからない。

脳内物質を整えてあげると、

・視野が広がり
・見た情報が、次に動作をするための情報へと正しく伝わり
・手や指が思うように動き
・スペースを正しく認識することができる

ようになるんですね。
 
 
 
このために必要なのが、DHA
DHAの働きと効果についてはこちらに以前UPしましたので、ご参照下さい。
DHAを補給してあげると、かなり生活が楽になってくる
 
 
そして、どんなにDHAをたくさん摂取しても、脳(みそ)の土台となるレシチンが足りなければDHAも機能しないんです。
 
レシチンは、神経伝達物質の材料になります。
また、脳細胞そのものの材料になります(下記~もう少し詳しく知りたい方へ~参照)。
卵や大豆に含まれているので、アレルギーがなければぜひ積極的に摂取して下さい。両方ともアミノ酸も豊富なので、脳だけでなく人体に絶対に必要なものとして優秀です。
 
 
つまり
きれいな字を書かせたいのならDHAとレシチンをたっぷり摂取させるということ。
普段の食事は、毎食ごとに、大豆製品(お豆腐や枝豆など)・魚(かつおぶしとかふりかけでもOK)・卵をたっぷりとるようにして、プラス、サプリメントで補うといいです。
 
サプリですが、発達障害の程度が強い人や、ストレス・受験・運動などで消費が激しい人は、DHA、レシチンを毎食ごとに2錠(あるいは2包)ずつ飲んでもいいくらいだとのこと。
そして実際、これだけ補給すると相当まともな人になるのは事実です。
どれだけ足りてないんだよ~というのがよくわかりますね…。
 
 
 
アルファ ベスト カプセルタイプ 120粒入 【約20~40日分】
ナチュラルクリニック代々木で処方してもらっているK-リゾレシチン。2割ほど高いのですが、アマゾンでも買えます。ゼリータイプ、グミタイプ、カプセルタイプがあります。
 
 
 

~もう少し詳しく知りたい方へ~

主に神経伝達物質になるのがホスファチジルコリン(=レシチン)

脳神経細胞のシナプスにはたらきかけ、神経刺激伝達物質であるアセチルコリンを作り出します。

ホスファチジルコリンの中でも、卵黄等に含まれるPOホスファチジルコリンは、記憶や物事を段取りよく進める“脳力”を向上させる働きがあり、また、大豆等に含まれるDLホスファチジルコリンは、学習や集中力、判断力、注意力、意欲などの“脳力”を向上させる働きをもっているとのことです(からだにいいこと事典)。

細胞膜になるのがホスファチジルセリン

細胞膜内に存在して、細胞への栄養素の取り込みと、老廃物の排出の手助けをします。そのため血流がよくなり、脳内では脳内物質のやりとりがスムーズになるわけです。
セリンちゃんとコリンちゃん、双子みたいな名前で。カワイイ♡ですね^^。


このページをご訪問下さった方、↓↓↓どうぞ1クリックしてね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想