衝撃ビフォーアフター:食事改善で別人のように部屋がきれいに!

食事改善を始めて9ヶ月経った頃のある朝。

長男が学校へ出て行った後の部屋の前を通り過ぎ、思わず二度見!
∑(゚◇゚;)…( Д ) ゜ ゜エェッ!?
どちら様のお部屋ですか?こちらは…?

room_after9_01
room_after9_03
room_after9_02

「ベッドの上には、よけいなものがのっていなく」
「タオルケットは綺麗に四隅をそろえてたたまれ」
「いつもどこかに無残な形で放置されているカエルさんのぬいぐるみもちゃんと座っています」
よ?

「本棚に本が並んでいます」よ?

「机の上に、ゴミや靴下、空いたペットボトルやグラスなどがありません」よ?

…実は食事改善を始めてから、少しずつ、それなりに部屋が片付いている日が増えてきてはいたのですが、
ここまでピシッときれいになっていたのはこの日が初めてでした。

経過としては、
最初の3ヶ月で「悲惨な状態になっていない」という日がどんどん増えていき、
その後、言われなくても2~3日、「なんとなく」片付いているなと思うと(言われなくても、というところが実はすごい進歩)、
また少し乱雑な部屋の日(それでも以前に比べたら、あの、手のほどこしようのない悲惨な乱雑さ、というところまでは戻りませんでしたが)があったりと、
一進一退の日々が半年ほど続いた後、
9ヶ月目にして突然、神がかり的に、ツッコミようがないほどキレイに片付けた、という感じです。

ちなみに悪い状態の日の部屋がこんな感じです:
(注:写真撮影を嫌がるので、彼の留守中、私が再現してみました。
すみません、恐縮ながらキレイ好きの私には、どう頑張ってもあの汚さは表現できませんでした…笑。
実際はこれよりもっと乱雑になっています。)

room_before_02
room_before_01
以前の、もっと悲惨だった状態の頃には、写真を撮ろうという気すら起きず、完全なビフォーアフターとしてお見せできないのが悔やまれます。

彼が小学校1年生の頃から、あの手この手で片付けについてトライしてきましたが、食べ物を変えること、サプリを補充してあげることで達成できたこのレベルには全く及びませんでした。

片付けは脳内物質がきちんと分泌されてこそ、初めて実現されるのだということをつくづく痛感しています。

ちなみに、片付けについては、キレイに見えるちょっとしたコツがあります。

①角を揃える
②置く場所に直角または平行を守る

発達障害の子は、「片付け」というとよくわからないみたいですが、「直角・平行」といわれると、片付けといわれるよりはわかるみたいです^^
ぜひアドバイスしてみて下さい(もちろん言い続けないとダメですが…必ず報われる日がきます!)

↓その後の経過です。ぜひこちらもご参照下さい^^
食事改善1年9ヶ月:すっかり普通の人になりました



下記バナーの1クリック応援 とてもうれしいです。1日1クリックのみ有効です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想