食を変えたら会話ができるように!ガンの早期発見にもなりました

今回は、私のブログの初期の頃からの読者様からいただいた、素敵なメッセージをご紹介しますね。

こみや様


いつもお気遣い有難うございます。
改めて、以前は大変お世話になりました。


あの後も、時折サイトを拝見して元気を貰いながら
地道に出来る事を続けていました。


小麦と乳製品を抜いてから、世間でよく言う“小麦の美味しさ”は
理解出来なくなり、夫婦共に食材の好き嫌いはなくなりました


「絶対にムリ!」と主人が言っていた納豆、難なくクリアして
主人自身も驚いていました。


教えて頂いたサプリメントも、主人にとても好評です。


食を変えてから、主人曰く「頭が以前よりスッキリするようになった」そうです。


減薬も少しずつチャレンジが始まりました。


引きこもりで、話す事もままならなかった弟も、会話が出来るようになりました


父に勝手に決められていた外食先のメニューも
自分で食べたいものを言えるようになった様子です。


私は本格的に小麦を抜く時、「今度こそ自分を大切にしたい」と
心に決めて食事を変えたのですが、そしたら大腸癌が見つかりました


ほんとにびっくりしました!


手術入院は必要でしたが、幸いにも早期で済みました。


あのまま、やみくもにサプリを飲み続けて無理ばかりしていたら
きっと命に関わっていたと思います。


見つけるきっかけを作って頂いて、本当に感謝しています。


腸内環境と食事の大切さを、是非これからも伝え続けて頂きたいです。



食べることは生きること。
食事は自分の人生そのものですよね。



下記バナーの1クリック応援 とてもうれしいです。1日1クリックのみ有効です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想