グルテン・カゼインフリーのこだわり特注ケーキ(お菓子なども)

最近、とりわけ育児において良く思うことがあります。

無知は最大の暴力

ということを。

例えばこの尋常ではない炎天下、部活動や体育・校外学習などはもとより冷房施設のない教室での長時間の授業など、ついに命を落としてしまった例もあり、本当に胸がいたみます。

時は常に流れ、環境も・自分たちの体も・次の世代の子供たちの体も・価値観も
変化しつづけているということ・同じではないということを、身をもって知る機会がないこと、過去の自分の価値観だけが全てである人が多いことをとても残念に思います。


私が子供の頃は、日に焼けたほうが健康的だといい、紫外線で肌が焦げるほどに焼き、運動中水を飲んだらだめだと一滴も水を飲むことを許されずに走り続けさせられた時代でした。
それでも耐えられるだけの体と、今ほど夏でも暑くはない環境があったからというのがあります。

今ほど電磁波の影響もなければ、ファストフードや添加物の多い食事もなかったですし、高層ビルも少なく土の道も多かった上に、エアコンなどもなくて扇風機やうちわの時代でした。




さて話は変わりまして。

昨日は娘の15歳のお誕生日でした。
分子栄養学の講座で知り合った、都内巣鴨駅近くにお店を構える、パティシエの高木さんに依頼して、グルテン・カゼイン・添加物フリーのケーキを特注しました。

大切な人のためにできること。

本人の同意があることが一番だと思いますが、例えばケーキ一つとっても、私はこの日くらい、明らかに本人にとっては体に負担のかかるものよりも、体に負担の少ないものを贈りたいなと思います。


高木家さんは東京 巣鴨駅から徒歩1分くらいのところにあります。

今回の依頼は、娘の誕生日ケーキ。

・グルテンフリー
・カゼインフリー(そんなに不耐の程度はひどくないので可能な限りという形で)
・チョコ味
・食べられないフルーツはスイカ・メロン・柿など


細かくご対応下さり、豆乳クリーム・国産こだわり米粉・国産フルーツ・乳製品を使っていないチョコレートなどを丁寧に吟味して作って下さりました。
乳不使用のチョコレートは独自の配合でチョコソイミルククリーム用と装飾用(→星)の2種類作り使用しているそうです。


弟さんのセンスでまとめられた店内。おしゃれです。




娘まるさん(15歳)も大喜び。美味しい美味しいと念願のホールケーキを半分がっつり。



KEI
私も頂きました。
まず優しい甘さに感動します。
そして豆乳を全く感じさせない美味しいクリーム。さらに試行錯誤して下さったという上品なチョコ味。
米粉なのでスポンジはもっちもちですが、これがまた病みつきになる感じ。
(蒸しパンのような感じといえばわかりやすいでしょうか)



パティシエの高木博世さん(右)。



KEI
高木さんからお店についての簡単なご紹介です。短いですのでぜひご覧ください。

ご注文・お問い合わせはこちらまで:






 ※同じ内容を心と体に効くレシピ!の方にもUPいたします。