もしかしてうちの子は発達障害?改訂版

育てにくいな・・・どうしてなんだろう?
もしかして、この子、発達障害?

そう思ったら、いてもたってもいられなくて、自分でもわかる発達障害の子の見分け方はあるのか、どこへ行けば診断してくれるのか、だれに相談すれば良いのか、どんなタイミングで病院に行けばいいのか、色々と思いめぐらしてしまうことと思います。

そんな不安に対して、わかりやすくまとめてみました。

1.発達障害とは



何となくADHDや自閉、アスペルガーなど、耳にしたことはあると思います。
ADHDといえば、じっとしていられない・乱暴、自閉はひきこもり・お友達と遊べない、アスペルガーはちょっとよくわからないけど変わった子・・・?

最初の頃は、おそらくそんな印象をお持ちなのではないでしょうか?

発達障害の定義については、文部科学省のHPに記載されています。
いろいろなサイトや書籍などで掲載されていると思いますが、国が掲げているものが基準になりますので、まずはこの表を見たほうがいいと思います。
発達障害の定義

そして、自閉症のうち知能の遅れが見られないもの(IQ75以上)を「高機能自閉症」、さらに知能の遅れも、言葉の遅れもみられないものを「アスペルガー症候群」と呼んでいます。

ちなみに広汎性発達障害の中に、自閉症も、もちろんその自閉症に含まれる高機能自閉症とアスペルガー症候群も含まれます。
どのタイプなのかはっきり明確に区分できず、様々な症状を併せ持っている場合に用いられてきた診断名ですが、2013年5月、日本でも広く用いられている米国精神医学会の診断の手引きが改訂され、「アスペルガー症候群」の分類名が消えるかわりに、自閉症スペクトラム(連続体)という診断名が用いられることになりました。

つまりはっきり区分けして、あなたは高機能自閉症ね、あなたはアスペルガーね、と診断する基準を設けることが非常に難しいため、区別をせずに連続体として捉える考え方です。

簡単にいえば、
年齢相応の言語・行動・運動・学習・コミュニケーションができず、それが部分的な偏りを持っているために非常にアンバランスな状態である症状
といえると思います。

勉強もできるし、言っていることもはっきりしているし、話せば「はい」と理解できる(実際はしていない)、それなのに何度も同じ間違いを繰り返したり、コミュニケーションが微妙に成り立たなかったり、自己管理が全くできなかったり、といったような状態です。

2.わかりやすくいうとどういう特徴があるか


赤ちゃんの頃


私たちにはよくわからない理由で、よく泣いたり、かんしゃくを起こしたりすることがあります。生後2ヶ月くらいの頃から、授乳しようとするとえびぞりになってしまったり、体を硬直させたりして、一般的な抱っこでの授乳が困難な場合があります。


また、抱っこを嫌がったり、眠るのが下手(寝つきが悪い、ちょっとした物音ですぐ起きてしまう、昼寝をしない、いつまでたっても睡眠のリズムが作りにくいなど)だったりすることもよくあります。
唾液を飲み込むのが下手で、あっという間にスタイがびしょぬれになってしまうということもあります。


ADHDの傾向が強いと、じっと抱かれている・大人しくベビーカーに座っている、ということがなく、興味のあるほうへ無理にでも行こうとします。


抱いている場合は、抱いている大人の体をよじのぼろうとしたり、抜け出そうとあばれたりします。
ベビーカーの場合は、生後5ヶ月も過ぎると、全身で体をよじったり動かしたりし、なんとか下からすり抜けようとします。
ある程度手先が使えるようになると、自分でベルトを外して、するんと下から抜け出したりするようになります。


逆に、自閉の傾向が強いと、抱いていたり部屋で寝かせていたり、ベビーカーに乗せていたりする際、全く微動だにせず、大人しすぎて、いるんだかいないんだかわからないような場合もあります。





1~2歳前後


同じ年頃のまわりの子と比べて、表情が乏しい、他人に興味を示さない、あるいは逆に興味の対象が次々と移りじっとしていない、よく物を投げたり壊したりする、好き嫌いが激しい、何かに異常にこだわる、などといった特徴が次第にはっきりしてきます。





常動行動といって、同じところをぐるぐる回る、ぴょんぴょんはね続ける、手をひらひらさせる場合もあります。
また、逆バイバイといって、自分のほうに手のひらを向けてバイバイしたりする子もいます。
人を注視したり追視することが苦手な反面、扇風機や換気扇などプロペラ状の羽根や、電池でぐるぐる回るおもちゃなどをいつまでも見て楽しんだりします。


また、怪我をした際、普通の子なら流れる血を見て泣きわめくところを、微動だにせず、じいっと不思議そうに傷口を眺めたりしたりします。
逆に、どうでもいいような小さな傷でも、やたら絆創膏を貼りたがったりします。


ADHD児の場合、歩けるようになると、一瞬の隙をついてどこかに行ってしまったりします。
1歳半からは特に要注意です。


ほんの数秒の間に姿を見失ってしまうほどで、たとえば買い物へ出掛け、支払いの際にちょっとお財布に手をかけるために子供の手を離したその瞬間、もうどこかへ走り去っていったりします。
待て・止まれ・だめが聞けません。返事はしますが、体が勝手に動いてしまうため、本人にはその衝動を止めることができません。


自閉症スペクトラムの場合、歩けるようになっても、たとえばレジャーシートを敷いてあげると、その小さなスペースから1歩も出ずにずっと座っていたりすることもあります。


おもちゃや三輪車などの置き場所、置き方などに厳格にこだわったりします。
(言葉で伝えられないので、ただ癇癪を起こしているようにしか見えないことも)

3歳前後


簡単な線や記号が上手にかけない(単純に横線を一本ひく、といった作業が上手にできなかったりする)、集団行動をしない(保育園などでお遊戯などの時間に一緒にやらないなど)。お友達と上手に遊べない(勝手にルールを作る、おもちゃの貸し借りができない、順番を待てないなど)、待て・止まれ・行くなという指示が全くといっていいほど聞けない、などといった行動が顕著になります。


病院に行っても待合室で座っていられず、医師の机の引き出しを開けようとしたり、聴診器などを勝手に触ろうとしたりするようなこともあります。


破壊や分解行動が好きで、親やお友達がせっかく作ったブロックや積み木、粘土の作品などを、見せたとたんに破壊したりします(悪気は全くありません)。


自閉傾向が見られる場合は、言葉の遅れや、言葉のオウム返し(どこ行くの?と聞いてどこ行くの?と答えるなど)、明らかに年齢不相応なコミュニケーション能力の遅れが目立ってきます。





幼稚園の頃


遠足や運動会などでみんなと一緒に楽しめない(脱走する、一緒の速さで歩けない、みんなと同じ動きができない、みんなと同じものを見て喜ばないなど)ささいな日常の行動にこだわる(5分前にトイレに行ったのに、家を出る前にはトイレに行く!というルールを絶対に守るため、無理にでもトイレに行くなど)、


誰にでもおもちゃをあげてしまう、仲間はずれにされてもわからない、
何度同じことを注意してもまた繰り返す、などといったことが問題となってきます。


異常にゲームやガチャガチャなどの賭け事に熱中し、引き離そうとすると、暴力で抵抗したり、この世の終わりのように激しく泣いたりします。


年長さんになってもオムツが取れず、トイレの場所や体勢などにこだわりが強かったりします。


また、手袋・帽子・靴下などを嫌がったり、洋服のちょっとした肌触りや形の違い、袖の長さなどにこだわったりします。




小・中学生の頃


プリント類を持ち帰らない、落し物や忘れ物が多い、支度に時間がかかる、姿勢が悪い(背筋を伸ばして座っていることができない)、給食の好き嫌いが多い、温度感覚が異常(冬でも半袖とか、少しでも肌寒いと夏の終わりでも冬物を着るとか)、鞄の中や机の引き出し・部屋の整理整頓が苦手、字が汚いなどといったことが注意してもなかなか直らなかったりします。


図形や文字を書くのが苦手なこともあります。
定規を使っても線をまっすぐ書けなかったり、となりの字とくっつきすぎたり、離れすぎたり、同じ大きさのバランスや濃さで書けなかったりします。
本人は四角形を書いたつもりでも、三角とか丸にしか見えないような図形を書いたりします。


絵の具やシャンプー、はみがき粉などのチューブやポンプ式のものから大量に出してしまう、物を静かに置くことができない(どん!と置いてしまう)といった、量や力加減を調節できないような行動がみられます。


なわとびやマラソン、ボール投げなどが苦手だったり、漢字が苦手だったり(へんとつくりをバラバラで記憶するため、入れ替わってしまったり、文字を文字としてではなく、記号のようなものと認識したりしている)、国語などの文章やテストの問題の行を飛ばしてしまうことが多かったり、かと思えば好きになったものには驚異的な集中力を見せたり、難しいことを記憶していたりし、一方的に話し続けたりすることもあります。


ある程度の年齢に達しても話しかけてくるときにやたら近い、秘密を守れない(秘密はいけないことだ、と認識しているため)、なんでも先生に言いつける、あるいは親の財布から黙ってお金をとったり、うそを平気でつくなどということもあります。


話の前後の脈略や、空気などを読めず、一方的にマシンガントークを繰り広げたり、とんちんかんな受け答えをしたり、主語が全く抜けた、誰が何をしたのかわからない、そしてオチが何なのかわからない話をしたりします。
(アスペルガーの代表的な例として、買い物に母親が留守で出かけている際、配達の人がきて「お母さんはいますか?」と聞くと「はい、います」と答えてしまうといったようなこと。母親という存在はたしかにあるが、今は買い物に出かけていて留守だ、ということを伝えなくてはならないことがわからない。)


小学校高学年になると、それまで何となくどっちかわからない、もしかしたら成長とともに直るかもしれないし、発達障害かもしれない・・・と日々花占いのような心持ちで心配していたママも、ついにこれはおかしいと決断できるほど、明らかに周囲の子と比べ、年齢不相応な未熟さ(たとえば、このくらいのことは小学1年生でもできるでしょ、というようなことについて何度も注意される)が際立ってきます。


中学生になるとクラスで浮いたり、教師や部活の顧問などの無理解などから、不登校になったり、ゲームや動画などに没頭したりするようになってきます。
気持ちをわかってもらえないことに対して、自殺未遂を起こしたり、逆に母親に暴力をふるったりすることもあります。



3.特徴がわかりにくいケースもある



しかしながら、ここからが大切なのですが、

市販されているガイドブックやインターネットの情報で、上記を含む発達障害児の特徴として挙げられているものが、必ずしも当てはまらない場合があるのです

発達障害といってもその程度や範囲は様々であり、例えば、ADHDというと落ち着きのない乱暴者というイメージがありますが、注意欠如の部分だけが目立ち、他はそれほど目立たない(普通の子供と同じ程度の落ち着きや集中力のなさで目立たない)場合も多々あります。

特に女の子の場合は、小学5年生~中学生くらいになってようやく、なんだかおかしいことに気づいたりすることもあります。
何度教えても、頭が臭いとか足が臭いなど、きちんと細かいところまでお風呂で洗えていなかったり、一見きれいにしているように見えるが、引きだしやクローゼットの中がぐちゃぐちゃだったりします。

アスペルガーや自閉症の特徴としてよく聞かれる、常動行動や逆バイバイなども全く見られなかったケースもあります。

また、運動能力に劣るといわれていますが、普通の子とさほど変わらない場合や、むしろコツをつかむのには時間はかかるけれども、コツさえわかれば器用にこなしたりする子もいます。

このような場合、なかなか親も含め、周囲も発達障害だとは気がつかず、たとえばADHDの注意欠如だけが目立つ子の場合は、単なる忘れっぽい子として学校の先生や親に注意されたり怒られたりし続け、それがもとでそれまで現れていなかった症状が出るようになってしまうこともあります。


不安な場合はどうしたらよいのか

改訂前の記事では、病院での早期検査をお勧めしていました。
理由は、病院で診断を受けることで、今までできなかったことが、しつけや子供のせいではなかったことがはっきりわかり、特に親の気持ちが楽になることが大きかったから、です。

ですがここ数年、急速に発達障害者として診断し、学校も病院もやみくもに薬の服用を勧めたり、障害者としての扱いをする傾向が強まりました。

国全体の、発達障害を救うという名目のもとに行われている施策が、かえって発達障害者を増やしているという皮肉な結果になってしまっています。

薬そのものはサポートはしてくれど、根本的解決にはなりません

また、家族間や置かれている集団生活の場との関係によっては、強烈な圧力や存在否定(その子本来の姿に目を向けず、こうすべき・こうしてはならないといった強い意識でコントロールしようとすること)が、そんなつもりがない人も含めて、無意識下で行われていることも圧倒的に多いのです。

そのため、本改訂記事においては下記方法をお勧めしたいと思います。


おすすめの改善方法


足りていない体の材料を補いまずは土台をつくる

そもそも論でこの材料が正しく満たされていなければどんなに他の部分で頑張っても伸びない


人間の体もとどのつまりはC=炭素やH=水素、O=酸素といった原子でできており、これを日々分解合成しながら生きているわけです。
その材料となるのが食べ物から摂取するアミノ酸やレシチン、DHAおよびこれらの働きを助けるビタミン・ミネラル類です。


従来のカロリー計算に基づいた栄養学では、全くこれが満たされていません。


薬・療育・知育・運動療法など、全ての目指すところは、脳内物質の分泌バランスの調整と、脳内の神経ネットワーク=シナプスをたくさん作ることです。
これによって、足りていない感覚や機能を強化していきましょうということなのです。


では自分にとってどんな材料が足りていないのか、どうして今の症状が出ているのか。
それがわかるのがこの検査です。
脳の働き、全身の機能、足りない栄養素など、総合的な検査結果が出ます。結果を元に、薬を飲まず、食事とサプリメントで体の中から構造的に整えていくというものです。
多くの方がこの方法で劇的に改善しています(もちろん個人差はあります)。




どんなデータが出るのかは、たとえばこちらをご参照ください。
毛髪検査のデータ例:読者の方(アスペルガー)



無意識下での様々なずれを修正していく

無意識下での自己存在否定や親子間の問題を許容し生きる力を家族ごと取り戻す


無意識の力は実はとても大きく、意識が司っている部分が5%だとしたら、無意識は95%だともいわれています。
心臓の鼓動の回数も、呼吸の深さや回数も、血液の流れる速さも、脳内物質の分泌量も、内臓の働きも、すべて無意識がコントロールしています。


食事改善してもサプリメントを飲んでも薬を飲んでも良くならない・・・
実はそんなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いです。


こうしたケースというのは、無意識的に自己否定や初めからあきらめるための選択をしており、体の機能を十分に発揮できないよう止めてしまうのです。


わかりやすいたとえでいえば、痩せたいとすごく思っているのになかなか効果が出ない場合、無意識で慣れた体が変わることを恐れていたり、どうせ無理だと思っていたりするため、体が抵抗をしてしまう、といったようなことです。


結果、神経伝達物質やホルモンが分泌されるタイミングがずれ、筋肉を司る動きもコミュニケーションもチャンスをつかむのも、全てワンテンポずつ遅れてしまいます。


これに働きかけることができる技術が量子場調整です。

量子場調整についてはこちらをご参照ください。
量子場調整

その他詳しくは下記もご参照下さい



#発達障害 #発達障害治る #発達障害特徴 #発達障害見分け方

新着記事の更新情報をメールで受信できます。