食事療法

発達障害は生まれつきの脳の障害、治らない。
そんなかなしい情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

発達障害は脳の神経細胞がやせて細く、神経伝達物質がうまく出ない・あるいはうまくキャッチできないため、様々な症状に繋がってしまっています。
でもなぜ、このように脳機能が弱くなってしまうのでしょうか?

もちろん生まれ持った脳の形も関係しているようです。
また、妊娠中のストレスや喫煙、出産年齢(父親も含む)の上昇なども一因というデータがあり、逆に普通に生まれても、生育環境によって全く同じような症状を発症してしまうこともあるそうです。より詳しくお知りになりたい場合は下記書籍をご一読いただくことをおすすめします。





中でも最近注目されているのは、発達障害児はほぼ100%、小麦に対するグルテン不耐を持っており、この小麦グルテンが腸内を傷つけてしまうことで、十分な栄養が脳まで行き届かず、同時に毒素をうまく排出できないため、脳が正しく機能していないということ。
詳しくはこちらでもUPしていますのでご参照下さい。

小麦・乳製品が発達障害を引き起こす?!




このように原因は諸説ありますが、それが脳の形であれ、遺伝であれ、グルテン・カゼイン不耐による腸の炎症であれ、結果として発達障害の症状を呈してしまうのは「脳機能の弱さ」によるものであり、この脳機能の弱さというのは、特定の物質が足りなかったり多かったりすることによって引き起こされます。



逆にいえば、腸を整え、腸と脳に炎症を起こしやすい食材を排除した上で、

・脳細胞や脳神経、伝達物質に必要なDHA・レシチン
・全ての細胞やDNA形成に必要なアミノ酸
・これら物質が正しく働くためのサポート役であるビタミンやミネラル

をたっぷり摂取すると、症状が改善されてきます。


どんなにソーシャルスキルのトレーニングを重ねても、療育を行っても、知育をしても、脳のシナプスをつくっていくための「材料」が整わなければ、大きな成果は見込めません。
たとえてみればすぐ想像がつくと思いますが、ひ弱で虚弱体質なやせ細った子が、運動だけ行い、元気になる情報を与えられても、周囲から応援されても、正しい栄養を摂らなければ元気にはなりませんよね。

人は脳も、DNAも、細胞も、筋肉も皮膚も内臓も骨も血液も、すべて食べたものが「材料」になるわけですから、材料がよければ質も良くなり、材料が悪ければ質が悪くなるわけです。精神論や念力だけで老朽化した家をリフォームすることができないのと同じように、脳も体も心も、作り変えるには材料が必要なのです。

このHPでご紹介している内容は、あくまでも簡単な基本ベースです。
実際に必要としている栄養素の種類や量は、もちろん個人差があります。

正しくは、分子栄養学療法(オーソモレキュラー療法)を取り入れているクリニックで毛髪検査などを行い、どんな栄養物質が足りていなくて、どういう脳の傾向があるかということを調べた上、クリニックのご指導に基づいて調整していくのが良いと思います。

毛髪検査のやり方はこちら



尚、食事だけで絶大な効果が現れる人もいれば、「症状が気にならない程度によくなる」という方もいらっしゃると思います。これはその人が生まれてから培った、後天的な神経ネットワークや、現在おかれている環境に拠るところが大きいのが理由です。


また、無意識で司っている、自分でも思いもよらない意識なども関係しています。
無意識で自分を全く受け入れていない方は、どんなに食事改善を進めても一向によくならないケースがほとんどだったりします。
これについては講座などで詳しくお伝えしていますので、よろしければこちらにご参加くださいね。
発達障害改革講座





いずれにせよ食事は何よりもの基本であり、これを外しての改善はありえません。
そして、同時に運動療法や脳トレ(小さいお子様は知育)、ソーシャルスキルの習得なども合わせて行うことで、より良い効果が得られると思います。
つまり、食事で材料をしっかり補った上で、新しく情報をインプットしてあげることで、初めてネットワークが構築されていく、というわけですね。

beforeafter

 

1.こんなにきれいな字が書けるようになります

before
・字の大きさがまちまち
・隣の字とのスペースがきちんと取れなかったり空きすぎたりしている
・まっすぐ書けない
・なぐり書き
・hとbとn、6と0、uとa、eとc、=とこ、などがきちんと書き分けられない
math01
Eng01
arrow_1
after
・バランスがきれいに整う
・隣の字との間隔がそろう
・まっすぐに書けている
・ていねい
mathprint
English01

 

2.こんなにきれいに片付けられるようになります

before
・ゴミをゴミ箱に入れられない
・脱いだものが散乱
・食器などが使ったままの状態
・本来あるべき場所に戻せない
room_before_02

room_before_01
arrow_1
after
・ゴミが落ちていない
・脱いだもの、食器などが放置されていない
・物がきちんと角や向きをそろえて納まっている
・ぬいぐるみがきちんと置かれているなど細かいところまで配慮されている
room_after9_03

room_after9_02 room_after9_01

3.こんなに状態が変わります

before
・すぐキレる
・何回言われても同じような間違いをする
・マイナス思考
・口数や表情が乏しい、コミュニケーションを取ろうとしない
・思考がぐるぐると同じところしかまわらない
・欲を抑えられない

after
・キレずに落ち着いて話を聞けるようになる
・間違いやミスが減る
・あれがない、これができないといった後ろ向きの発言をしなくなる
・相手に聞く、ということが少しずつできるようになってくる
・何かあたらしいチャレンジをしてみようと前向きな気持ちになる
・仕方ない、と状況に合わせて欲を抑えることができるようになってくる

 

食事改善とサプリメントにより、概ね半年~1年でこのような変化が大なり小なり見られるようになってきます。


足りない栄養素がわかる毛髪検査のやり方はこちら



字をきれいに書くこと、部屋を片付けること、忘れ物をしないこと、感情をコントロールすること、すべては「情報を整理する」という能力と「最後までやりとげる(気を配る)」という能力です。

脳内物質が足りていないと、空間や順番を正しく認識できなかったり、指が自由に動かなかったりするため、字もきれいにかけません。

また全体を見渡して把握したり、後先を考えたり、最後までやりとげたりする能力も弱くなるため、間違いが多くなってきますし、ゴミをゴミ箱に捨てたり、使ったものを元に戻すということもできなくなってくるのです。

脳内物質がきちんと分泌され、キャッチでき、シナプスが増えてくることによって、訓練などしなくても自然とできるようになってきます。

ただし、ちょっとしたことで(試験だとか寝不足だとか運動したとか)すぐ足りなくなるらしく、毎日この100%良い状態をキープできるわけではありません。

もともと問題なく生まれてきた人と比べれば、非常に脆弱でセンシティブなわけですから、毎日微調整は必要です。
たとえば昨日はちょっと運動をしたからアミノ酸を増やそうとか、試験だからレシチンとDHAを増やそう、といった具合に。

続けていると何が足りないから状態が悪くなっている、というのが手に取るようにわかってくるので、状態に合わせて調整してあげるとまた数日で良い状態に戻ってきます。
悪くなることがあっても、元の悲惨な状態ほどの悪いレベルには戻らなくなってきます。

その他、読者様からお寄せいただいた改善の効果などはこちらの記事をご覧ください。
食事改善の効果


メニューや材料のそろえ方など詳しい情報はこちらのサイトでご紹介しています↓。