ブルータスよお前もか。娘の裏切り(金銭問題)

しばらくUPしていないこの数日の間に…

長男と夫に振り回されている中、唯一気持ちをわかってくれている、この子だけは絶対にお金の問題は起こさない、うそをつかないと信じてきたが・・・

なんと私の財布からお金を盗ったんです・・・。
 
2度ほど、100円程度の小銭を盗り、ついに下ろしたばかりの新札6000円のうち3,000円を抜き取りました・・・。
月のこづかい2000円の小学6年生の彼女にしたら、大金です。
 
 
私は現金を持たない主義なので、そもそも大金は家になく、前科のある夫と長男の件もあったので、大事なものは鍵をかけた引き出しに入れるようにしているのですが・・・

なんと私が朝、仕事に行く準備をして、最後にちょっと洗面所に行ったりしているわずかな隙に取っていたのだとか。

この時の私のショック、わかりますでしょうか・・・。
 
 
「ブルータスよ、お前もか・・・」
 
といいながら、腹心の部下に刺されて倒れたカエサル(ジュリアスシーザー)の無念の言葉だけが、心にむなしく何度も流れました。

Statue Roman Emperor in front of church in Rome, Italy

Statue Roman Emperor in front of church in Rome, Italy

あまりのショックに、さすがの私ももう口をきく気力がありません。
 
 
家族4人のうち、3人が泥棒って、どうなんでしょうコレ(´;ω;`)。
 
 
正直いうと、私は非常に厳しい環境下で育てられました。それについてはまた別途お話したいと思いますが、それでもそういうことは絶対にしませんでした。
 
 
どうもこの、父親側の遺伝を継いだ人たちは、お金を借りたり、盗ったりということに対する罪悪感が、ない。
悪いことをしているという意識がない。
 
 
ほんの少しはあるみたいですが、それはたとえば、冷蔵庫にある誰かのプリンを黙って食べちゃったー♪という程度に相当近いものがあります。
 
 
ただ、一応、普段はいけないこととは「頭でわかっている」ので、やりません。
 
それが、何かをきっかけに・・・
この3人を見ていると、試験前だとか、〆切り前だとかいったとてもストレスがかかるような時や、大きく体調が変化するようなことがあった時に「やってしまう」のです。
 
 
今回の長女の場合も非常に明確で、この1、2ヶ月の間に体が急激に女性らしく丸くなり、生理もはじまりました。
そして2度目の生理を迎える数日前に起こした出来事だったのです。
 
 
まぁ要するに何らかのストレス要因によって不足した脳内物質によって、ブレーキをかける冷静さを失ってしまうのでしょう。
これは生まれ持った脳の形や、働き方の傾向によっても大きく左右するようですが(だから発達障害の傾向が出やすいわけなんですけど)。
 
 
一晩はショックのあまり、口もきけずに寝込んでしまいましたが、私が落ち込んだところで、悲しんだところで、この人たちは何も変わらない。
もちろん怒ったところで変わらないのは、夫と長男で経験済。
 
 
というわけで、気持ちを落ち着かせ、翌日、全員を集めて、最後のママのメッセージとして、大切なことを書類3枚にまとめ、プレゼンテーションしました。

続きはこちら:「金銭問題の伝え方:家族会議



いつも読んで下さりありがとうございます!1日1クリックの応援お願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想