思い出の整理

私のまわりにも「思い出好き」で、なかなか捨てられない方が相当名、いらっしゃいます・・・笑。

「これはあの時の」「あ、これはね・・・」
と1つ1つ見るたびに思い出がよみがえってくるようなのですが。

そういう方の多くが「そんなに大事な思い出なのに、そんな雑な保管(?)の仕方でいいのか・・・?」
という扱い方をしているように思われるのは気のせいでしょうか・・・。

押入れのダンボールの中に山積みだったり(まだいいほう)、本の間や子供のかばんから出てきたり、トイレやリビングなどに貼っていただろうものが廊下に落ちていたり・・・笑。


そんな方には、改めて声を大にして、厳しいことを申し上げてみます・・・。

今瞬時に、いつの何とわかるものを取り出せないものは、絶対にこの先も見ない 
 
ということを。これは、洋服・食べ物・書類全てにいえることですが

 
 

「いやいや、いつか時間ができたらやろうと思って・・・。」
 ↑100%、やりません。やる人は、今やってます。
 
「いやいや、老後の楽しみに・・・。」
 ↑そんな山積みのもの、年を取ったら体力も頭も弱くなるんだから絶対に整理なんてしません。

 
 
というわけで・・・笑。
私がやっている方法をご紹介しますね。
 
 
まだお子さんが小さいうちは保育園や幼稚園、あるいはご家庭で作った作品や、描いた絵・手紙なども大量にあると思います。これらを手渡されたら写真に収めます。
 

1.選りすぐりのものだけをフォトブックにし、あとは迷いなく捨てます
photobook01
 
photobook02
 
photobook05
 
photobook04
 
photobook00
 
ちなみにこれらは1冊400円くらいでつくりました。
しまうまプリント フォトブック

 
 

2.どうしても、というものは、ポケット付のファイル入れます。
8463072_3L1
画像をクリックすると、ロハコのページに飛びます。オフィス用のファイルなどをを個人でも購入できるサイトです。
 
filing01
こんな感じ。。。

 

3.手帳や文集は、必要なページ以外捨てた上でファスナー付のファイルにまとめます。
filing

 
 

1,2,3のファイル類は、
 
1人につき「誕生~成人までの期間で2箱まで」  ←大事ポイント
 
と決めて、下記のような収納ボックスにしまいます。
アルバム・卒業証書・成績表なども全てこの思い出ボックスにしまいます。

 
 
色々買ってみましたが、無印良品の硬質パルプボックスが、サイズも丈夫さも使い勝手も一番良かったので、個人的におすすめします。
(ただ、我が家で重宝しているサイズはもう取り扱っていない模様・・・)
4547315967100_1260
無印良品 ネットストア 硬質パルプボックス
 
ぜひこれを機会にやってみて下さいね。



いつも読んで下さりありがとうございます!1日1クリックの応援お願いします♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想