担任の先生がわかってくれない

発達障害についての周知はかなり進み、多くの学校では、スクールカウンセラーを配属したり、教員のための講習を行うなどして、発達障害への理解が深まっています。

ですが、残念ながら全ての学校の先生が、正しい発達障害の知識を持っているとは限りません

地域によっても差がありますし、特に若くて経験年数の浅い先生や、お子さんがいらっしゃらない先生、お子さんがいてもその子に全く問題のない場合などは、本当のところ、なかなか実情を理解していただけない場合も多いのです。

それどころか、小児科医であっても同じく、正しい発達障害の知識を持っている方は少ないのが現状なのです。

発達障害に理解のない先生だと、ヒステリックに大声で怒鳴ったり、いじめに近い仕打ちをしたり、親を放課後呼び出して親の前で子供に説教したりするなどといったことも、残念ながらあります。

こうした中、子供を守ってあげられるのは、両親しかいないのです。

おかしいなと思いつつ、まだ診断を受けていない場合は、迷わず一刻も早く、発達障害を診断できる専門病院でしっかり検査を受けて下さい。

そして正しい知識を身につけること。これしか子供を守る方法はありません。
(発達障害をしっかり診断できる病院は少ないので、発達障害支援センターや、学校のスクールカウンセラーなどに聞いてみて下さいね。ちなみに東京都内であれば、都立大塚病院の児童精神科がお勧めです。)

親に正しい知識がない、あるいはきちんとした診断を受けていない状態だと、周囲の無理解に対する反論や、正しい対処法を伝えることができず、無駄に子供を傷つけるだけの日々になってしまいます。
これでは、子供が一方的に周囲から攻撃され続けているのを、ただただ見過ごしているだけの傍観者になってしまいます。

また、発達障害のサポート体制が整っている学校であっても、親から「発達障害児です」といった申告がない場合、学校側から「発達障害かもしれませんよ」などとは言いません。
おそらくそうだろうと学校側で予測はしていても、家族からの申し出がない限りは学校も発達障害児とはみなせませんので、ただ「できない子」としてみなし、そういう扱いをすることがほとんどです。

忘れ物をしたり、立ち歩いたり、提出物をきちんと出せなかったり、授業態度が悪かったり、給食の好き嫌いが多かったり・・・。
そういう場合に、発達障害児であることを申告していれば、サポートをしてくれますが、そうでない場合は、ただ注意されたり怒られたりするばかりになってしまいます。

こうした自己否定をされ続けることは、良くなる可能性のある発達障害の症状をさらに悪化させるだけでなく、他の精神疾患を患うという二次障害に発展し、お子さんの将来に大きな、そして取り返しのつかない悪影響を及ぼしてしまいます。

どうか、このことの重大性を理解し、もしまだ診断を受けていない方がいらっしゃったら、迷わず診断を受けて下さい。

診断によってそれが軽度であれ、発達障害の可能性があるということがわかれば、親も心の踏ん切りがつくし(これが次のステップへ行くための一番大切なこと)、学校側へもこれが理由ですと根拠を示して伝えることができます。
このことは非常に大きく、これによって発達障害への理解のある学校であれば、対応が180度変わります。
発達障害児へのサポート体制が整っている学校がしてくれることをご参照ください。

また、診断を受けた・受けていないに関わらず、なるべく多くの関連書籍を読み、経験談を聞き、悩みを話し、幅広く、奥深く、知識を身につけて下さい。

そして、簡潔に、けれども論理的に、
お子さんがどういう理由で、どういうことが苦手で、どういうサポートを必要とし、そのサポートによってどこまでできるようになるか、
といったことを、箇条書きでいいので、まとめて学校に提出します。

担任が無理解だった場合は、担任だけでなく、学校長、副校長、学年主任、保健の先生、スクールカウンセラー宛に出します。
組織としてサポートしていただくようにする必要があるのです。

スクールカウンセラーは、中立的な立場で、学校と親と、周囲の発達障害支援に関わる様々な施設(病院や療育センターなど)の間を取り持つ役目をしてくれます。
ただ、その担当者のスキルや人柄にもよるところも大きいので、全体的にレベルが低く、お話にならない場合は、思い切っての転校も視野に入れたほうがいいかもしれません。
(長男は転校によって180度と言っていいくらい、サポート体制が好転しました。本当に転校してよかったと思っています。)

担任や学校宛の文章がうまく書けない場合は、メールカウンセリングからお申し込み下さい。
代筆いたします。


このページをご訪問下さった方、↓↓↓どうぞ1クリックしてね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想