NEW!”それは発達障害ではない!真実はこれだ!” 3人の講師による最新鋭理論



これはヤバイ!
現時点で最新の理論の終結じゃなかろうかと私は思います。
絶対にこれは受けて損はないと思います。
どれも180度、概念がひっくり返りますね。今までの悩みは何だったのかと思うと思います。


無意識が司る部分が95%だったとしたら、私たちは残りのたった5%で生きているわけで、そこで起こる様々な不具合に日々悩まされているわけですが…
実は無意識を変えていくと人生が変わっていくのですね。
実際、私の講座やカウンセリング、調整を受けて下さった方々のお声が全てを物語っていると私は思います。
皆様からの感謝のお声


ご家族の発達障害なんていう症状に囚われている周囲のほうが、もしかしたら実はずっと遅れているのかもしれませんよ^^



~講座概要&お申込~

東大法学部・早大理工(開成)・早大一文(県立船高)出身
「学歴に依らない生き方を貫く3人の精鋭量子場師」だからこそ伝えられるメッセージ


“それは発達障害ではない!真実はこれだ!”


2017.7.11(火) 10:00-13:00 江東区豊洲→港区新橋
¥15,000
先着30名→45名
 ※告知後1日で残席0となりました 
 キャンセル待ちのご応募多数のため、場所を変更し45名の枠で再募集
残席0となりました キャンセル待ち受付中 
 


お申込みはこちら



言葉と意識を変えると人生が変わる!?
~量子力学と人の持つ潜在能力との関係性を追及~

   
担当:紅林 健一 (出身…早大理工:開成)

・量子場調整とは
・発する言葉の持つ現実化のパワー
・無意識の世界が体と起こる事象を決めている

紅林健一さんの
HPはこちら
ブログはこちら
フェイスブックはこちら





それって本当に「障害」なの?人間は根本的に2つのタイプに分かれている
~人間関係の「なんで?」を心屋/前者後者論から紐解く~

 
担当:向江 好美(出身…東大法学部)

・あなたも家族も、誰もが必ずどちらかに当てはまる
・2つのタイプは認知システムも世界観も衝撃的なくらい違う
・それは「知らなかった」だけのただの誤解、不要な罪悪感かもしれない

向江好美さんの
HP&ブログはこちら
フェイスブックはこちら





才能を活かせ!発達障害の症状は我々の先を行く証
~2000件を超える発達障害のお悩みご相談対応経験から~

担当:こみや けい (出身…早大一文: 県立船橋)

・発達障害の症状は無意識の圧力への反発である
・彼らは発達障害ではなく時代を先取りしている先駆者
・学歴社会の枠に収まらない才能の伸ばし方

HP&ブログはこちら
フェイスブックはこちら




このページをご訪問下さった方、↓↓↓どうぞ1クリックしてね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想