アスペルガー的人生

アスペルガー当事者の書いた本です。
著者がどんなことを感じ、どんなことに安心し、怖がり、困り、うれしく思ったかについて、子供の頃からの経験談が綴られています。

発達障害に関する本には、アスペルガーは「こだわりが強い」などと記載されていますが、なぜこだわらなくてはならないのか、これを読むと納得できます。
当事者にはこんな風に世の中が映っているんだな、こんな理由があったんだなということがわかります。
もし自分も感覚過敏があったり、自分の思いがうまく伝わらなかったりしたら苦しいだろうなと胸が痛み、これを読んでからは子供や夫のこだわりに、かなり優しい気持ちで接することができるようになりました。

ADHDの子にも多少アスペルガー的要素も入っていたりする場合があるので、アスペルガーの傾向を持つ子だけでなく、ADHDのお子さんを持つ方にもお勧めです。


このページをご訪問下さった方、↓↓↓どうぞ1クリックしてね♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

カウンセリングのご案内
ご感想