こんにちは。ご訪問下さりありがとうございます。小宮 けいです。

私がお伝えしたいこと

『発達障害は本当は障害ではない』



発達障害、というのは、現れている症状をカテゴライズした際につく診断名であって、その症状が出ている根本原因は、体・脳が本来の機能を果たしていないことにあります。

ではなぜその機能をきちんと果たせていないかというと、発達障害といわれている方のほとんどが

・体や脳を機能させるだけの栄養が足りていない
  グルテン・カゼインなど未消化タンパクやイースト菌等による腸内環境悪化、食品添加物の影響など

・無意識で自分を受け入れていないため、体の動きに制限がかかっている
  筋肉や神経、内臓やホルモン分泌バランスなど自律神経が司る動きと関係しています

・感受性が強いため、周囲の気持ちや場の影響を非常に受けやすく、心・体が乱れやすい

・頸椎や骨盤、噛み合わせの位置が悪く、内臓の位置や脳の働きが弱まっている



のどれか、あるいはこれらが重なり合っていることでその症状が出ている可能性が高いのです。


そのため、栄養療法だけ・あるいは心理カウンセリングだけ・療育だけ・投薬だけといった、一方向だけの角度からのアプローチではなかなかよくならないケースも多いのが実情です。


それぞれのお悩みや置かれた状況に合わせ様々な角度からアプローチをかけていくことで、大なり小なり状況は改善していきます。


 

意識と無意識 両方から整えることで変わっていきます

 

意識が司るもの

ふるまい・思考・言葉・肉体など

体に足りていない材料を補い不要なものを排除することで細胞レベルから回復へ

 

無意識が司るもの

感覚・タイミング・バランス・精神など

重圧・トラウマなどを取り払い体と心の中で起こっているタイミングのズレを補正


私にできること


体・心・生活3つの角度から発達障害症状改善へアプローチ


※不登校・進路・勉強方法・夫婦親子間の問題・仕事などのお悩みにもお答えしています


☟下3つのバナーをCLICKするとそれぞれのページへ飛びます

正しい材料を届けることで症状改善

食事療法

無意識へ働きかけ心と体の問題を改善

量子場調整

食事療法・量子場観察その他講座

 


 

おすすめ記事

発達障害と食事

発達障害と食事
小麦・乳製品が発達障害を引き起こす?

小⻨に含まれるグルテンや乳製品に含まれるカゼインなどが発達障害の大きな原因の一つといわれています。腸を傷つけ、麻薬物質に似た成分に変化することがわかっています。

カテゴリー一覧:発達障害と食事

食事改善をしても良くならない理由

食事改善・サプリメント補給しても良くならない決定的な理由食事改善・サプリメント補給しても良くならない決定的な理由。

食事改善を一生懸命続けても思うように効果が出ない・・・それにはこんな無意識が関係していました。

カテゴリー一覧:心と体を量子の世界から考える

毛髪検査のやり方

毛髪検査のやり方
毛髪検査のやり方

どうして発達障害の症状が出ているの?足りない栄養素から右脳左脳の働き・自律神経・腸内環境・全身の内臓の状態などが細かくデータで出ます。

カテゴリー一覧:毛髪検査の結果例


#発達障害 #ADHD #自閉症 #アスペルガー
#カウンセリング #セラピスト #セラピー
#量子場調整 #意識 #無意識 #心と体
#自律神経 #脳内物質
#グルテン #カゼイン #カンジダ
#毛髪検査 #サプリメント
#電磁波 #食品添加物
#食事療法 #食事改善 #毛髪検査
#うつ #不登校 #起立性障害 #昼夜逆転